アオリイカ釣りを始めよう!時期、時間、仕掛けのおすすめも!

アオリイカ釣りはアオリイカを狙う釣りで、静岡を中心に全国で親しまれている釣りです。アオリイカは釣って食べることができるイカで、釣りも料理も楽しめるのが魅力です。この記事ではアオリイカ釣りを始めてみたい方に時間や時期、仕掛けについて紹介します。

この記事をかいた人

フレッシュウォーター、ソルトウォーターフィッシングを愛する中年パパアングラーです。若い頃は、釣りをしながら野宿や車中泊をしていましたが、パパになってからはキャンプにどっぷりとのめり込んでいます。

アオリイカについて

アオリイカとよく耳にするけど、どんなイカかわからない方も多いと思います。そんなアオリイカの生息する地域やアオリイカ釣りが盛んな地域と合わせて、呼び名も地域によって変わってきますので、まず最初にご紹介させていただきます。

アオリイカは日本に生息するイカの一種

アオリイカは「おかっぱり」からも狙うことができるイカの一種になります。船に乗ることなくつれるイカなので手軽に楽しく釣ることが可能です。他によく釣られるイカではコウイカ、ケンサキイカ、ヤリイカ、スルメイカ、アカイカ、ソデイカなど様々なイカがいますが、味に関しては最もおいしいと言われているイカになります。

アオリイカは北海道より南の地域に生息している

アオリイカを狙える地域は北海道以南の地域になります。特に魚影が多くなってくる地域は太平洋方面が鹿島灘以南からです。日本海方面に関しては福井県以南からになります。よって、北海道の宗谷岬で釣ろうとしても、まず釣れることはないです。もし、釣れたとしたら学会発表ものです。

アオリイカ釣りは静岡が盛ん

アオリイカ釣りは静岡以南の地域ではかなり人気が高まっている釣りになります。特に静岡県は駿河湾という日本を代表する大きな湾に面しており、アオリイカのエサとなるベイトが豊富なためアオリイカも良く釣れるため非常に盛んになっています。

全国各地の呼び名

アオリイカは地域でその呼び名が違います。四国では藻のあるエリアでよく見かけることからモイカと読んだり、九州ではミズイカやクツイカとも呼びます。沖縄は独特でシロイカ(シルイチャー)とも呼ぶそうです。

アオリイカ釣りの時期

アオリイカは基本的には寿命が一年と言われています。その調査方法はイカの目と目の間にある平衡感覚をつかさどる平衡石に刻まれている年輪では無く、日輪を数えて確認することでわかります。寿命が1年ということを頭に置きながらアオリイカのシーズナルパターン(季節による釣り方)を考えていくと攻略しやすくなります。

アオリイカ釣りの時期:春

春はアオリイカが立派な大人となり、産卵をする時期になります。よって、浅場の藻場に産卵をすることが多く、絶好のアオリイカ釣りのポイントになります。また、大人であるということはモンスターアオリイカを狙えるシーズンでもあります。大きめのエギなどを使用してモンスターを狙うようにしましょう。

アオリイカ釣りの時期:夏

NEXT アオリイカ釣りの時期:夏