浅間山荘事件の犯人・人質の現在は?事件の発端と日本の闇

1972年、日本の歴史に名を残す重大事件が発生しました。その名も浅間山荘事件。警察との銃撃戦・緊張状態が200時間以上も続いたこの事件は、なぜ起きたのでしょうか?犯人や人質の現在と、事件の舞台となった浅間山荘の現在に迫ります。

この記事をかいた人

ていねいに書きます。

浅間山荘事件とは?当時の驚異の視聴率

geralt / Pixabay

浅間山荘事件をご存知でしょうか?平成生まれの方には聞いたことはあっても、どんな事件だったのかわからない人も多いと思います。一体、どんな背景でどんなことが起こった事件だったのでしょうか。

連合赤軍が起こした人質立てこもり銃撃戦事件

volfdrag / Pixabay

浅間山荘事件は大変凄惨な事件です。長野県で19日間も続いた立てこもり事件です。犯人グループは「連合赤軍」と名乗る団体であり、警察機動隊の人質救出作戦により事件は解決します。しかし、警察2名、一般人1名の死者を出し、警察の中に重軽傷者27名(うち1名は報道関係者)を出すいたましい事件です。

日本最長記録の人質事件

浅間山荘事件は連合赤軍が人質をとり立てこもる事件です。メディアでも何度もとりあげられたあの鉄球で建物を破壊するという策をとった、機動部隊による突入によって人質は救出され、5名の犯人は逮捕されます。この事件での人質の拘束時間は219時間(3日間以上)であり、警察に囲まれながらの人質事件としては日本で最長記録です。

日本で起きた殺人事件に関する記事はこちら

当時のテレビ中継は89.7%に到達

Pexels / Pixabay

2月の氷点下という極寒の環境の中、犯人グループと警察との攻防や、負傷し血で赤く染まった警察官が運ばれる姿など、インパクトのある映像が当時テレビで生放送されました。民放、日本放送協会(NHK)を合わせて視聴率89.7%(ビデオリサーチ・関東地区調べ)に達しました。今でも破られることのない、報道特別番組の視聴率において日本一となっています。

浅間山荘事件は映画にもなった

Free-Photos / Pixabay

事件当時、テレビで生放送されとても注目された浅間山荘事件ですが、実は映画にもなっています。浅間山荘において、連合赤軍が人質を取り立てこもって、銃撃戦になり、警察機動隊は救出作戦を行うということが、描かれている映画になっています。

メディア化された浅間山荘事件

浅間山荘事件を描いた映画は、「あさま山荘への道程」のほかに「光の雨」という映画と、「突入せよ!あさま山荘事件」という2作があります。どれも浅間山荘事件の、人質をとり立てこもる連合赤軍に対し、警察機動隊の人質救出作戦が開始されるという内容を描いています。

「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)」

[DVD]” href=”https://www.amazon.co.jp/%E5%AE%9F%E9%8C%B2%E3%83%BB%E9%80%A3%E5%90%88%E8%B5%A4%E8%BB%8D-%E3%81%82%E3%81%95%E3%81%BE%E5%B1%B1%E8%8D%98%E3%81%B8%E3%81%AE%E9%81%93%E7%A8%8B-DVD-%E5%9D%82%E4%BA%95%E7%9C%9F%E7%B4%80/dp/B001MSXHN6?SubscriptionId=AKIAJL7GHKLTYQNXOWTA&tag=leisurego-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B001MSXHN6″ target=”_blank” rel=”noopener noreferrer”>実録・連合赤軍 あさま山荘への道程 [DVD]</div></div>

Amazonで見る

若松考二監督によるこの「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)は監督が聞き取り調査を行ってわかったことをに基づいた「実録」となっています。他2作とはまた違った目線で描かれている内容になっています。

全く異なる視点から

geralt / Pixabay

この「あさま山荘への道程」は「なぜ」がキーワードとなり、連合赤軍の主張や、なぜこのような事態に至ったのか、ということが時代背景とともに描かれています。他の2作と見比べてみるのもよいでしょう。

描かれる「総括」の実態

Comfreak / Pixabay

「あさま山荘への道程」では、「総括」が描かれています。まるで軍隊ごっこのような軍事訓練の様子や、共産主義思想を身に着けるための学習の様子は、監督が聞き取り調査をしたことに基づいた実録です。「なぜそうなったのか」ということをこの映画を通して考えていくことも大切ですね。

山荘内での5人での言動

KELLEPICS / Pixabay

この映画では、犯人5名の、事件当時の山荘内での言動も描かれています。犯人の言い分では、山荘には立てこもっているのではなく、借用しているだけであり、管理人は人質でなく保護者だとしています。そんな言い分が通用するはずのない事件ではありますが、彼らの言動が「実録」として映画で描かれているところも見どころです。

右翼と左翼の違いとは?

NEXT 右翼と左翼の違いとは?