シラサエビとは?生態や飼育(養殖)、使う釣りについても徹底解説!

エアポンプ

水中で過ごす生き物たちにとって心臓部分でもある重要なアイテムです。こちらも電気を使用するので静かなものを選びましょう。水中に入れるものなので、大きさもコンパクトが生物の動きを妨げません。

ニッソー スペアポンプ

ニッソー スペアポンプ SQ-15S NEO

Amazonで見る

音が静かでコンパクトなので水槽に入れていても生物の邪魔にならない大きさです。汚れが落としやすいステンレス製で日々のお手入れも簡単です。

その他のアイテム

上記のものが養殖をしていく上での基本アイテムです。その他にあったら便利なものを2点ご紹介します。言葉を話せない水中生物だからこそ、快適な環境作りをしたいものですね。

アクアリウムライト

Lightess アクアリウムライト led 水槽 ライト 水槽用 照明 70-90CM水槽対応 長寿命 省エネ LED108 観賞魚 熱帯魚 水草育成

Amazonで見る

ライトは放熱力が高いので電気代が高くなりやすいです。こちらは低消費電力タイプなので水温も上げにくく電気代も抑えるエコなアイテムです。

スミス 水温計

スミス(SMITH LTD) 温度計 水温計 127mm シルバー

 

Amazonで見る

デジタルタイプも多く揃っていますが、水銀の水温計の方が耐久性が良くコスパを考えると、こちらがおすすめです。水の入れ替えを行うと、水温が変化しやすいため一定温度を知るためにも水温計は必須アイテムです。

シラサエビには欠かせないクーラーボックスを紹介

鮮度を保ちながら持ち運びをするために、クーラーボックスが大変役立ちます。一定温度を保ちながら酸素濃度もキープできるので、シラサエビを弱らせることなく活きエサとして大活躍します。

どうしてクーラーボックスは必要か

生きた状態でないと魚は寄ってきません。視力の優れた魚は動いているエサに興味を持ち、掛かりやすくなるのです。そのためには酸素の割合を一定に保ち、元気なまま釣り場へ運ぶことが釣果を左右するのです。

NEXT クーラーボックスの使用方法