シラサエビとは?生態や飼育(養殖)、使う釣りについても徹底解説!

ちょん掛けのメリット・デメリット

先ほどまでご紹介した部分とは異なり尾にハリを通します。

  • メリット:尾が硬いため尾の先にハリを付けても取れにくくエビも泳ぎやすいです。
  • デメリット:硬い部分なのでハリを貫通させにくいことです。

ちょん掛けを動画でチェック   

元気なシラサエビが見られる動画です。小さいエサなのでよく見て付け方を覚えると現場で活用できます。

釣り餌の使い分けを詳しく知りたい方はこちらも良かったらご覧ください

シラサエビで釣れる魚

Gellinger / Pixabay

いよいよ獲物を狙っていきましょう。さてどんな魚が狙えるでしょうか?釣りの楽しさはエサによって狙える魚が異なり釣り上げるまでのワクワクさや魚との引き合いが堪能できることです。

スズキ

釣り人で人気の魚種が釣れます。成長によって名前の変わる出世魚で、縁起がよい魚としても知られています。大型の魚のため、釣り方にはどんなことに気を付ければ逃がさずに釣り上げることができるでしょうか?

スズキの釣り方に関してはこちらを

チヌ(クロダイ)

力強い引き合いが楽しめる魚として人気の高い魚です。タイの種類では珍しく浅瀬に生息しているため、沿岸部で釣りが得ることができます。力が強いため釣り人と魚の綱引きのようなゲームが楽しめます。

チヌの釣り方に関してはこちらを

メバル

岩礁に生息しているので、釣れやすい魚の代表です。煮つけは大変美味しく高級魚として扱われている魚なので、自分で釣って自宅で味わえるのは贅沢な気分にさせてくれます。

メバルの釣り方に関してはこちらを

カサゴ

コチラも沿岸部に生息している魚で釣れやすいです。メバルと同じ仲間で高級魚としてスーパーでは出回らない魚です。夜行性のため昼はじっとしていることが多く、昼釣りで大漁が狙えるかもしれませんね。

カサゴの釣り方に関してはこちらを

NEXT ヒイカ