シラサエビとは?生態や飼育(養殖)、使う釣りについても徹底解説!

ヒイカ

潮の流れが穏やかな浅瀬に生息している小さなイカです。小ぶりなため、塩でよくぬめりを取り丸ごと焼いたり煮たりして食べられる調理に時間がかからないイカです。

ヒイカの釣り方に関してはこちらを

釣りで使うときのポイントと注意点

VIVIANE6276 / Pixabay

釣りは、魚が釣れなければ楽しくありません。釣果に繋がるために気を付けることがあります。どんなことに注意すればよいのか、重要な釣れるポイントと注意点をご紹介します。

元気なシラサエビを使おう

海中に生息している獲物を狙うためには、イキイキとしたエサを使いアピールすることが重要です。魚は視力が優れているので死んだエサには興味を示さないことが多いため、元気な活きのいいエサ選びがポイントになります。

クーラーボックスに入れて鮮度キープ

クーラーボックスに入れて持ち運びすると、鮮度を保ちながら釣りを楽しむことができます。酸欠にならないようにエアポンプで酸素を送り込むと、より長持ちします。

エサのつけ方に注意

せっかくイキイキとしたシラサエビを準備したのにエサつけで、弱らせてしまっては台無しです。十分ハリの刺し方には注意をし殺さないように海に投げ入れましょう。

魚のいる所に餌を入れる

シラサエビは淡水の生物で、海中ではあまり長くは生きられません。効率よく釣りを行うには魚の潜む場所を選定し、竿を入れ込むことです。沿岸部で楽しめる釣り方法なので、よく足元を見ながら釣りをする場所を選びましょう。

海の深さを知る

Painter06 / Pixabay

魚によって生息している水深が異なります。まずは浅めの水深から探っていき、海底まで下げていきましょう。釣果を上げるためにはウキ下をといい、釣り場所を決めることです。

シラサエビの入手方法

12019 / Pixabay

入手方法ですが3通りあります。①釣り具屋さんで購入②自分で捕まえる③養殖するのパターンがあります。自分に合う方法で入手すると良いでしょう。それぞれ順番に詳しくご紹介していきます。

NEXT 釣り具屋さんで売ってます