首なしライダーの伝説は事実!?実在の事件やエピソードを紹介!

首なしライダー、それは事故か殺人か、首を失ったライダーは自分の首や殺したものを探して彷徨います。数々の作品にもモチーフにしたキャラクターが登場するなど恐ろしくも何か惹かれるものがる首なしライダーのエピソードや生まれた背景に迫ります。

この記事をかいた人

記事をお読みいただきありがとうございます、中村雄二と申します。バイクに乗ることが好きな若者です。ツーリングキャンプ系統の記事を好んで書いたり読んだり…。よろしくお願いします。

首なしライダーの概要

今回ご紹介する首のないライダーは、同じような都市伝説的な存在の中でも概念として非常に有名な存在です。ですが、いまだ漠然とした首のないライダーの姿しか思い浮かばないという方もいらっしゃるでしょう。ということで、まずは概要からご説明していきましょう。

事故死したライダーの亡霊

まず首のないライダーというのは、不慮の事故で亡くなってしまったライダーが亡霊となった存在というのが一番大きな説となっています。事故とはいえ、その原因は意図的に道路にピアノ線が張られていたからだとか、本当にたまたま落ちてきたものが頭部に当たり失くしたともされます。

何かを探している

さて、このようにして誕生したこの都市伝説的存在は、いったい何を理由に現世に存在しているのでしょうか。その理由は、何かかつて自分ものものだったものを探しているからと推測されます。おそらくは、無くなってしまっている首から上を探しているのでしょう。

遭遇すると死ぬ?

実は噂の中では、実際に遭遇すると恐ろしいことが起こるとされています。その存在を見ただけでも一目でこの世のものではない何か異質なものであるということは分かるでしょうが、道路で走行中このライダーに追い越されると、何らかの形で交通事故に遭うとされているのです。

怪談系都市伝説首なしライダー

今回ご紹介する存在についてその概要を簡単にではありますがご紹介しました。では、そんな首のないライダーはどんな形で都市伝説の話や階段の中に登場するのでしょうか。続いては、首のないライダーの登場するエピソードについてご紹介していきましょう。

首なしライダーのエピソード①

Santa3 / Pixabay

とあるカップルが、有名な心霊スポットへと興味本位で車で向かって行ったときの話です。そのスポットでは特に何も起きず、拍子抜けした状態で帰路についたところ、バイクとすれ違います。

そこからなぜか運転をしている男の方が車のスピードを上げ始め、助手席に座っていた女が危険を感じるくらいのスピードで走り抜け急に路肩に停まりました。そこで女が男に異変を訪ねると、先ほどすれ違ったバイクのライダーが首から上が無かったというのです。

首なしライダーのエピソード②

また、もう1つエピソードがあり、昔対立していた暴走族に道路にピアノ線を張られ、首を飛ばされてしまったのが始まりという話です。

その首を飛ばされた若者は首のないライダーとなり、その敵対していた暴走族に復讐を行うためか、自分の首を取り戻すためか、目的は定かではないですが走り続けているのだとか。

UMAに関する記事はこちら

首なしライダーの出没地

NEXT 首なしライダーの出没地