汐見ふ頭は南大阪屈指の人気釣りスポット!狙えるターゲットは?

汐見ふ頭は大阪では数少ないファミリーフィッシングが可能な釣り場の一つです。大阪市内からのアクセスも良く、車の横付けが可能なため週末は家族連れでいっぱいです。そんな汐見ふ頭、どのような魚が釣れるのでしょうか?紹介したいと思います。

この記事をかいた人

釣り大好き。 魚料理大好き。

汐見ふ頭の釣り場はどんな場所?

「汐見埠頭」は大阪府泉大津市にあり、おもに2つのポイント「砂上げ場」と「大津川尻」を総称して呼びます。地元釣り人の方は主に「砂上げ場」を汐見埠頭と呼んでいます。大阪の釣りポイントでもここはファミリーフィッシングのポイントととして人気があります。

近くにはコンビニ、釣具屋、公園もあります。夕方頃には屋台のラーメン屋さんも回っていて常連さんに人気です。また、釣り客の多い所ですが釣り公園ではないので野良猫も多くいます。釣った魚を盗まれないよう気をつけて!

場所①砂上げ場

ファミリーフィッシングにおすすめのポイントです。車をそのまま横付けできるので小さな子供がいても安心して楽しめます。トイレはありませんが、近くの汐見公園にトイレはあります。ただし、平日と土曜日は仕事関係のトラック等が走るので注意が必要です。

ここはサビキ釣りが人気です。狙い目はアジやイワシなど。タチウオも狙えるのでシーズンには多くの人が駆けつけます。ただし、ここは夜8時から朝5時まで封鎖されます。その為、夜釣りはできません。出ることはできます。

場所②大津川尻

大津川尻は堰堤を登り、テトラポットの上から釣りを楽しむところです。駐車場、トイレ、柵がなくファミリーフィッシングには向いていません。トイレは近くに汐見公園があるのでそちらを使用してください。砂上げ場と同じく夜8時から早朝5時まで立入禁止です。

ここでの狙い目はタチウオです。もちろんアジやイワシも釣れます。他にもタコやキスなどを狙うこともできます。大津川尻は外海なので狙える魚の種類も多く、釣り経験豊富な方にはおすすめですが、テトラからの釣りなのでお子様連れや初心者にはおすすめできません。

汐見埠頭ちかくのなぎさ公園もおすすめ

汐見埠頭の少し手前になぎさ公園というファミリー向けの釣りポイントがあります。このなぎさ公園にはトイレ、売店、駐車場があるので女性でも気軽に釣りを楽しめます。一部には柵もあるので小さなお子様連れに特に人気がある釣り場となっています。その為、土日は混み合うので早めの場所取りがおすすめです。

汐見ふ頭へのアクセスは?

USA-Reiseblogger / Pixabay

汐見埠頭は大阪でも珍しい、車をそのまま横付けできる所です。車をそのまま横付けできるのでほとんどの釣り客は車を利用しています。公共交通機関を利用する場合は電車、バスを乗り継いで行くことになります。では車でのアクセス方法と電車、バスでのアクセス方法を紹介します。

車の場合

Santa3 / Pixabay

では車でのアクセス方法を紹介します

阪和自動車道より堺泉北有料道路に乗り、泉大津方面に進む。関西空港/泉佐野方面の阪神高速4号出口を下車。阪神高速湾岸線(ルート4)に乗り、泉大津(助松埠頭)フェリー乗り場方向に進み、後は汐見公園を目指して進まれると目的地に付きます。

電車やバスの場合

電車のアクセス方法は大阪、なんば駅から南海本線の関西空港行きに乗車、泉大津で下車してください。汐見埠頭までは約2kmなので20〜30で着きます。バスの場合は和泉中央駅から泉大津駅までバスが出ています。後は電車と同じく歩いて行きます。

汐見ふ頭でのおすすめの釣り方を紹介!

NEXT 汐見ふ頭でのおすすめの釣り方を紹介!