ウマバエ(ヒトヒフバエ)は日本にも生息する?寄生時の症状や摘出方法を解説

泥の鎧

Free-Photos / Pixabay

多くの動物が泥を体に塗る事で鎧とし肌の乾燥を防ぐと共に寄生虫から身を守っているのをご存じでしょうか。サイ、ゾウなどがそれに当たります。勿論100%防げる訳では有りませんが無防備のままで居るよりは遥かにマシです。

また、こうした四足の大型哺乳類には鳥などが背中に留まっている事が良く有るのをご存じでしょうか。この鳥たちは体に寄生した幼虫を捕食しに来ているのです。両種はいわゆる共生関係にある訳です。

縞模様がウマバエを防ぐ?

strichpunkt / Pixabay

一方シマウマは泥を塗る手間を費やさず体の方を進化させてしまいました。シマウマの縞については肉食獣へのカモフラージュや目を晦ませて時間稼ぎをする為と言う説など様々な意見が交わされていますが、近年ハンガリーでの研究でウマバエが白黒の縞模様を避ける事が報告されました。

様々な模様入りのトレイに油を入れそこに落ちるウマバエの数を数えると言う実験をした所、最も油に落ちてなかったのがシマウマの縞が描かれたトレイだったのです。まだ仮説の域は出ませんがウマバエを含むアブの仲間は交配や飲水の為に水面を見分ける必要が有り、シマウマの縞はそれを阻害するので避けるのではないかと考えられています。

人間がウマバエ(ヒトヒフバエ)に寄生された時の症状

出典:PhotoAC

万一寄生されてしまったとしても出来る事なら育つ前にどうにかしたいものです。ですが生まれたばかりのホンの僅かな体積に見合った食事量ですので人間にはとても感知出来ません。孵化したての幼虫は蚊に刺された痕と区別するのは難しいでしょう。

寄生されてもすぐに症状が現れない

2690457 / Pixabay

そんな訳でウマバエ(ヒトヒフバエ)に寄生された直後は中々治らない虫刺されぐらいの認識しか出来ません。自覚症状の無いまま幼虫が成長するまで御飯付きのゆりかご役を担わされる事に成ります。これがいわゆる蝿蛆症です。

気が付くのは馬の消化器と同様に幼虫が育ち皮下組織を旺盛に食べる事で炎症を起こしてからとなるでしょう。症状が進むと皮膚の腫れから来る痒みや痛み、酷くなると倦怠感を伴う発熱も生じます。症状にはかなりの個人差が有り、中には焼ける様な痛みを伴う人も居る一方で軽い疼き程度で済む人もいます。

蝿蛆症とは

ハエは死肉に集る物と思いがちですが、悪環境で生傷を放置した時などに起こる「ウジが湧く」状態になる事が有ります。この様に生きた哺乳類にウマバエを含むヒツジバエ科に属する151種、またラセンウジバエ、クロバエなど一部のハエの幼虫が寄生する事で発症する感染症を「蝿蛆症」、或いは「ハエ幼虫症」と呼びます。

これらのハエは傷口が無くても侵入出来るので、健康体であっても環境次第で感染する可能性が有ります。この感染症の症状は様々ですが天候などの条件が良くウジが食欲旺盛だと二日ほどで部位に細菌感染からの炎症が起こり更に放置すれば敗血症や菌血症から壊死、部位によっては致命的ともなり得ます。

蝿蛆症のタイプ

ハエの寄生によって引き起こされる蝿蛆症と言う病は、ウマバエを代表とする体内に身を潜める「せつ型」、前述の「広東住血線虫」は皮下組織を移動する「移行型」、そして一般的に良く知られる傷口などの表面に寄生する「創傷型」の三つのタイプに分かれます。

上の動画の場合は目に寄生された例ですが、蝿蛆症は感染部位によって症状が異なって来るため各部位で幾つかの種類に区別されています。ですのでここでは部位ごとに起こる影響を少し解説してみましょう。

皮膚蝿蛆症

一番一般的な表皮に寄生された状態の事で、少しづつ進行する潰瘍の様な状態で長期間に渡って疼痛を伴う腫れが続きます。蚊やダニを仲介した一般的なウマバエ(ヒトヒフバエ)が起こす基本的な症状です。

耳蝿蛆症

Anemone123 / Pixabay

耳鳴りが起こり、内部を這い回る感覚が感染者にハッキリ伝わります。部位破壊による異臭のする滲出物が発生する事も。中耳までウジに侵入されると更に脳内へと移行する可能性が有るので注意が必要です。

鼻蝿蛆症

鼻の中で重度の痒みが発生し、腫れが大きくなると鼻腔の閉塞が起こるので呼吸に支障が出来て来ます。風邪のような発熱が起こり、顔面に浮腫が発生する症例も。苦しくは有る症状ですが死亡例は余り有りません。

眼蝿蛆症

Skitterphoto / Pixabay

部位から来る嫌悪感はかなり有りますが症状そのものは一般的な皮膚とほぼ同じで、重度の炎症、水腫の発生などから痛みを生じます。目は異物に敏感ですから大きくなる前に大抵気付けるので失明にまで進行するのは極めて稀です。

消化器蝿蛆症

先程ご紹介した馬の感染例はこれにあたります。人で有っても卵が付着している事に気付かずに傷口を舐めたり食べ物を摂ったりと、何らかの方法でウジか卵を飲み込んでしまった場合は他の哺乳類と同様に胃腸に寄生されてしまいます。

NEXT 人間がウマバエ(ヒトヒフバエ)に寄生された場合の摘出方法