バッカンおすすめ18選!選び方のポイントを解説!

おすすめバッカン①タカ産業 720-角EVAバッカン

フタなしタイプのバッカンです。フタなしでシンプルな造りになっているので、釣り道具入れ等色々な用途に自由に使えます。また、カラーも5種類と多いので、好みの色を選ぶ楽しみがあったり、色別で用途を変えたりも出来ます。

おすすめバッカン②タカミヤ ベーシックバッカン

シンプルなタイプのバッカンで、フタにはフタ止めホックがついているので、フタを固定することができます。強い風が吹いているときや、半分だけ蓋を開けたいときに使えます。また、折り畳み式なので持ち運びにも便利です。

おすすめバッカン③シマノ バッカンEV

フタのばたつき防止機能の他にも、ハンドルが持ちやすい設計になっています。持ち運びたいとき、2つのハンドルが一体化するため持ちやすく、また、使わないときはハンドルを側面のボディに沿わせて、スッキリと収納できます。

おすすめバッカン ハードタイプ編

次にハードタイプのバッカンを見ていきましょう。ここではセミハードタイプとハードタイプをまとめて紹介していきます。コマセを押し固めたりするには、しっかりとしたハードタイプがおすすめです。

おすすめバッカン④ドレス オリジナルバッカンmini

ドレスオリジナルバッカンのミニサイズになります。ミニサイズといえど、中は一般的なタックルケースを2つ並べて入れることができるほど十分な広さがあります。ロッドホルダーも2個付いているので、便利です。

おすすめバッカン⑤ドレス トランクカーゴセミハードタイプ

先ほど紹介した、ドレスのバッカンminiが2個入るほどの大きめのサイズのバッカンです。防水仕様なので釣りで使用したウェーダーなどを濡れたまますぐいれることができ、そのまま自動車のトランクに収納することが可能です。また、こちらは折り畳みもできます。

おすすめバッカン⑥DAIWA プロパイザースーパーバッカン

セミハードタイプです。その分ソフトタイプよりも自立性がありしっかりとしています。本体の角が丸くなっているため、底に残ったマキエをすくいやすくなっており、内面は鏡面仕上げで洗いやすくなっています。また、側面にはタオルホルダーもついています。

おすすめバッカン⑦タカミヤ 武勇伝セミハードバッカン

出典:Amazon

側面にロープを取り付けられるリングが付いており、本体を海につけて丸洗いができるようになっています。底部にすべり止めラバーや、側面にタオルや袋を取り付けるハンガーも付いています。また、フタはファスナーの引手ゴムで丸めて留めることができます。

おすすめバッカン⑧DRESS ランガンキープバッグ

軽量でコンパクトサイズのため持ち歩きに便利なセミハードバッカンです。内側に保温効果のある断熱材を使用し保冷効果もあるため、飲み物を入れたりするのもいいです。側面にはモールシステムを採用しており、様々なカスタムが可能になっています。

NEXT おすすめバッカン⑨ファインジャパン EVAハードバッカン