タニガワナマズは新種のナマズ!特徴や生態や違いを詳しくご紹介します。

イワトコナマズの特徴と生態

イワトコナマズの名称は、岩に隠れて生息している事から名付けられました。体の色は茶色と黄色が混ざっており、目は比較的大きいです。琵琶湖の北側に生息しており、瀬田川、宇治川分布しており、小さな魚や虫など様々なものを食べます。

器官部分の位置や長さが違う

この2つのナマズの1番分かりやすい違いは器官です。タニガワナマズの鼻管は細長い形状になっており、長さは腹部分まであります。目の部分は前方部分に付いおり、視野が広いです。一方でイワトコナマズの鼻管は比較的短く、目の部分は横側に付いており、視野が比較的狭い方です。

海外にもサイズが大きいナマズはいる?

13smok / Pixabay

種類に限らず、ナマズは日本だけでなく国外にも生息している魚でもあります。その中で1番サイズが大きいのは、ヨーロッパオオナマズでしょう。このナマズは子供や大人に限らずに襲うこともあり、実際に被害に遭われている人も中にはいるのです。

大きさは大人の人間と同じくらいあり、お腹を切り裂いたら人骨らしきものが出てきたということもありました。また、性格も人喰いザメと同じくらい危険で、素人が釣ろうとするのは困難を極めることでしょう。

タニガワナマズはどこで見ることができるのか

特に釣り好きな人でだと、一度本物のタニガワナマズを見てみたいと思う人も多くいるでしょう。しかし、このナマズをどこで見ることができるのか知らない人がほとんどです。ここでは、タニガワナマズを簡単に見られる施設をご紹介していきます。

タニガワナマズは滋賀県で見ることができる

主に東海地方の谷川に生息しているナマズではありますが、簡単に水面に出てくるということは、そうそうないです。気軽に見たいという人は、滋賀県の県立博物館に生きているタニガワナマズを見ることができます。誰でも間近で観察をすることもできるので、子供連れの家族でも楽しむ事ができます。

滋賀県琵琶湖博物館のアクセス方法

車で行く場合は、名神の「栗東IC」から約20分~30分、名神の「瀬田西IC」または新名神「草津田上IC」から約35分で到着します。また、420台まで停めることができる駐車場があり、普通車の駐車場代が550円、二輪車が200円かかります。

電車とバスで行く場合は、JR琵琶湖線の「草津駅」で下車します。そこで西口2番バス乗り場から、近江鉄道バスで「びわこ博物館」で下車して、そこから徒歩5分~10分程で博物館に到着します。

タニガワナマズは釣れる?

TheDigitalWay / Pixabay

釣りを最近始めたばかりの人や、このナマズに興味がある人も釣ってみたいと思う人もいる事でしょう。ナマズ釣りを難しく思ってしまう人も中にはいますが、実はとても簡単なのです。自分で釣りに行っている人はいるのか、釣り方なども一緒に詳しくご紹介していきます。

その他初心者の方のためのナマズ釣りの始め方について興味がある方はこちらもご覧ください

タニガワナマズを釣っている方はいる!

他の魚と同じように、このナマズも釣ることはできます。東海地方に住んでいる人や、県外に住まいの人などがタニガワナマズを釣るために清流へ釣りに行く人が意外にもいるのです。主に釣り好きな人がこのナマズを釣ることが多く、釣ったものを持ち帰って夕飯のおかずにする人も増えてきています。

釣り方①ぶっこみ仕掛け

他の種類の魚と同じ方法で、1番シンプルなぶっこみ仕掛けが釣りやすいでしょう。竿は3m程で、おもり、ハリスは2号がちょうど良いです。餌はナマズが食いつきやすいミミズを使うことをおすすめします。また、一定の場所で釣れるまで待っているのではなく、探るように移動しながら釣ると良いです。

釣り方②ペットボトルの仕掛け

特に初心者におすすめな方法で、ペットボトルを使って釣るやり方があります。ペットボトルに糸を巻き付け、おもりとハリスを付け、餌はミミズかパンの欠片を使うと良いです。そしてペットボトルの中に水を適量入れ、水辺に立てかけておき、あとは食いついてくるのを待つだけです。

NEXT イワトコナマズとタニガワナマズを一緒に飼うことはできる?