内柴正人が出所して教え子と再婚!準強姦事件の真相や嫁や子どもの現在も

元オリンピック金メダリストで、準強姦の容疑で逮捕された内柴正人についてまとめました。イケメンと言われる爽やかなルックスからは想像もつかない傲慢な犯行で、数々の名誉を失いました。刑期を終えた彼はなんと元教え子と結婚し、2019年には「REAL」にも出場予定とのこと。そんな内柴正人の起こした事件とその後、現在をまとめました。

この記事をかいた人

内柴正人が出所して教え子と結婚!?柔道界への復帰は?

オリンピックで活躍したこの加害者である男性は、服役後にかつての教え子と結婚するという驚愕な報道がされました。また、海外にある柔道チームの監督の役目をすることになり、柔道界への復帰が決まりました。この報道で、日本のみならず世界中で話題になったのです。

内柴正人の起こした事件とは?

geralt / Pixabay

2011年の冬の初め頃にメディアで、女子部員に対するセクハラをしていたのではないかと疑われたのです。その後、詳しい調査で女子生徒のお酒を無理やり飲ませ、ホテルに連れ込んで無理矢理性行為をしていたことが分かりました。

この1件で逮捕され、世間のファンも当時は相当な打撃を受けた人も多くいました。ファンは主に女性が多く、信じていた気持ちが裏切られたなどと思う方も少なくありませんでした。こちらでは、どういう経緯で事件が起こったのかを詳しく解説していきます。

合宿中に複数の教え子と関係を持つ

Comfreak / Pixabay

1人の女性の被害者の他に、当時合宿に参加していた数名の女性にもセクハラをしていたことも明らかになりました。その被害女性たちは「寝ている所を襲われ、言う通りにしなければ柔道ができなくなると思った」と証言していました。このことから、内柴正人は卑劣な人間だと世間の人たちから批判されました。

彼は2004年のアテネ、2008年の北京と2大会連続で金メダルを獲得して、当時は柔道界のスーパースターでありました。そんな彼は、地元でもある熊本県の女子大学柔道部で就任することになり、学校内ではとてもモテていた人物でもありました。

準強姦罪の容疑で逮捕

3839153 / Pixabay

被害女性たちは全員未成年で、合意もなく性行為をしたということで準強姦という罪で逮捕されました。そして、2014年の春頃に最高裁で懲役5年の判決が出て、刑務所に入ることになったのです。また、この事件が原因で、オリンピック関係の金メダルなども全て剥奪されることになりました。

彼はあくまで合意の上で性行為を行ったと主張していましたが、最高裁ではその主張は一切通らずに有罪判決になりました。初公判から最高裁までの間で意見を変えずに、無罪を主張し続けていました。

その後全日本柔道連盟から永久追放

b1-foto / Pixabay

この逮捕の1件で今までに様々な賞は返却要求され、名誉市民と呼ばれていたことも取り消しになることになりました。また、全日本柔道連盟からは永久追放の処分も受けてしまい、周りからの信用を一気に無くしてしまったのです。この事件を起こしたことで、今まで築き上げてきたものを全て失うことになってしまいました。
この報道をテレビや新聞などで見た人で、もう二度とそういった仕事はできないだろうと思う人も多くいました。周りから一度信用を無くされてしまったら、二度信用してくれる優しいところは無いと感じる人もいたのでしょう。

内柴事件の概要

NEXT 内柴事件の概要