キャンプケトルおすすめ20選|便利なタイプ別に紹介!素材の違いや選び方も

Kelly Kettle (ケリーケトル)トレッカー

Kelly Kettle (ケリーケトル) トレッカー アルミ 0.6L

Amazonで見る

2点目の特殊機能型ケトルはケリーケトルより「トレッカー」になります。横の穴から水を入れるような構造となっていて、下の受け皿に木の枝など燃えやすいものを燃やせば二分ほどでコーヒーなどに使えるお湯がコップ2杯分出来上がります。

商品詳細

  • 素材:アルミニウム、ステンレス、シリコン
  • 高さ:27cm
  • 直径:14cm
  • 水の容量:0.6リットル

BioLite ケトルポット

BioLite ケトルポット 軽量アウトドアクッキング ポットとケトル機能 キャンプとバックパック 1.5リットル 25.9 x 13.2 x 13.2 cm (10.2 x 5.2 x 5.2インチ) シルバー/イエロー/アクア (KPA) グレー、ターコイズ、イエロー

Amazonで見る

3点目はバイオライトより「ケトルポット」のご紹介になります。底部分は防風性能を高めており、素早くお湯を沸かすことができます。また注ぎ口を取り外せばクッカーとして調理にも使うことができる汎用性の高さも特徴となっています。

商品詳細

  • 素材:ステンレス鋼、飽和ポリエステル、シリコーン、ポリプロピレン
  • 重量:465g
  • サイズ:133x260mm
  • 容量:1.5L

キャンプケトルおすすめ⑤パーコレーター4選

スノーピーク(snow peak) ステンレス パーコレーター

スノーピーク(snow peak) ステンレス パーコレーター6カップ PR-006

Amazonで見る

特殊機能型をご紹介しましたので、最後にコーヒーを作るのに必須のパーコレーターを4点ご紹介していきます。最初の1点目にご紹介するのはこれまでも何度かアイテムを紹介しているスノーピークの「ステンレスパーコレーター」になります。

頂点部分からは泡が出てくるのが確認できますので、これでコーヒーの出来具合を確認することができます。ちなみに共通していえることですが、長い間火にかけていると渋みや苦みが強くなってしまいますので注意が必要となります。

商品詳細

  • 材質:18-8ステンレス、ナイロンケース
  • サイズ:115×190mm
  • 容量:900ml
  • 重量820g
NEXT キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) パーコレーター5カップ