「まずうちさぁ」の元ネタは野獣先輩!アドリブ説の検証や派生スレまとめ

「まずうちさぁ」はネタとして人気を集める真夏の夜の淫夢の「野獣先輩」のセリフです。この記事では「まずうちさぁ」の派生ネタ、そして野獣先輩とは何者なのか・どうして人気なのか、野獣先輩の他の名言(淫夢語録)についてまとめました。

この記事をかいた人

記事をお読みいただきありがとうございます、中村雄二と申します。バイクに乗ることが好きな若者です。ツーリングキャンプ系統の記事を好んで書いたり読んだり…。よろしくお願いします。

「まずうちさぁ」の元ネタは野獣先輩

今回の記事でご紹介するのは、もしかしたら皆さんが日常生活で使ったことのあるかもしれない非常に俗なものです。とはいえこれだけネット上で有名になったのはそれなりの訳があるのですが、これを発現したのはとあるビデオに出演していた経歴のある人物なのです。

野獣先輩が発した言葉「まずうちさぁ」

それが、野獣先輩と呼ばれている男優です。出演したシリーズの中ではネット上の知名度が非常に高く、最高戦力とも言われていますが、彼の詳しいことに関しては後ほどご紹介するとして、今回ご紹介するのはそんな彼が「真夏の夜の淫夢」というシリーズものの18禁ビデオの中で使用したものです。

『昏睡レイプ!野獣と化した先輩』が元ネタ

概要はこのような感じなのですが、これだけではどんな状況で使用したものなのか、誰に向けて発した言葉なのかなどの詳細が分からないかと思われますので、簡単に彼が出演した作品に関してご紹介しましょう。まず、作品は「昏睡レイプ!野獣と化した先輩」というものになります。

作品の設定の中では主に二人の登場人物がおり、水泳部に所属している野獣扮する田所とその後輩である遠野の2人です。夏に野獣が遠野を自宅へと招待し、アイスティーを一緒に飲んだり屋上で日焼けをしたりといった事をしていますが、本当は遠野に好意を寄せているのです。

屋上に誘うシーンで使用

そして「まずうちさぁ」は、遠野を家の中へと招待してから水泳部での泳ぎのタイムの確認や大会へ出場する際のアドバイスなどをした後に、自宅にある屋上で一緒に日焼けをしに行かないかと誘う切り出しの時に使用されています。

「まずうちさぁ」のセリフはどう登場したのか

簡単にこのセリフがどこで使用されたのかなどについてを解説しましたが、もっとこの二人の会話を深く切り込むことで詳細にどんな話をしていたのかを知ることができます。ということで、どういった流れでセリフを野獣が使用したのか、遠野の応答なども見ていきましょう。

「まずうちさぁ、屋上…あんだけど…焼いてかない?」

彼らは夏場に道路を歩いており、遠野は田所の家へと招かれていきます。家の中に招待されてからは前述しました通り所属している水泳部での泳ぎの成績が伸びたのかどうか、更に大会が近くなると記録も伸び悩むから仕方ないなど、先輩としてのアドバイスを送っています。

そしてその話を簡単なアドバイスという形で一区切りさせた後、自宅に屋上があるからそこで一緒に日焼けをしていかないかと遠野を誘う時に話始めで使っています。一応流れとしてつながってはいますが、本編を見てみると、かなり唐突な切り出しであることが分かるのではないでしょうか。

「あぁ~いいっすね~」

そして、その後は後輩である遠野の反応です。日ごろ部活の中で世話になっていたからなのか、自分的にはいいアドバイス的なものをくれたからなのか最初から好意的に田所に接しており、前述の屋上への日焼けをしに行く誘いにも快くOKを出しています。

ちなみにこの言葉をネット上で表現する際には、「あぁ~」と「いいっすね~」の間などに「^」を付けることで、あたかも自分がにこにこと笑いながら返答しているように表現して使うことも多いようです。

本当は「まずうちさぁ」ではなかった?

一応は前述してきたような流れでストーリーが進んでいき、田所が睡眠薬を混ぜ込んだアイスティーを遠野に飲ませて本性を表していく、といった風に18禁シーンまでいくわけなのですが、実は「まずうちさぁ」というのは本当は想定していたセリフではないのではないかと言われているのです。

その理由としては、会話の流れが妙に不自然であるからというのが挙げられます。この言葉を普通の日常生活の中で使用したことがある方というのは、おそらくいらっしゃらないかと思われますので、セリフ自体が不自然であると感じた人も少なくないのではないでしょうか。

どの辺が「まず」なのか分からない

NEXT どの辺が「まず」なのか分からない