酒鬼薔薇聖斗の母親は人格障害か!?ゆがんだ母子関係が影響した神戸児童連続殺傷事件

神戸児童連続殺傷事件の少年A「酒鬼薔薇聖斗」の異常性は母親が作り上げたものだった。事件に大きな影響を及ぼした酒鬼薔薇聖斗母親。常識では考えられない酒鬼薔薇聖斗母親のエピソードや言動を紹介しながら不健康な母子関係や被害者との関係など異常な母親像を分析していきます。

この記事をかいた人

テニス・旅行が趣味です。 共感できる内容や魅力のある記事を紹介したいと思います。

神戸児童連続殺傷事件「酒鬼薔薇聖斗」の母親とは

1997年、神戸市で男児の切断された首が学校の正門前に置かれるという凄惨な事件あり被害者は小学5年生でした。首を切断するという事件の犯人が中学生だと判明した際衝撃が起こりましたが、今回は犯人の母親に視点を当てて紹介していきます。他少年の犯罪に関する記事に興味がある方はこちらをご覧ください。

酒鬼薔薇聖斗の母親が出した手記「この子を産んで」

少年の逮捕からわずか2年後、少年の両親は「この子を産んで」という手記を出しています。事件後離婚をした両親ですが導入部分と犯行前後の様子を父親が書き、少年の生い立ちや成長過程を母親が手掛けています。

酒鬼薔薇聖斗と母親との母子関係

家族は5人家族となり少年は長男として生まれていますが、父親が仕事で2~3週間不在になることが多くまた年子で生まれた次男に父母の愛情は向けられてしまい、母親からの愛情はなくなってしまったといわれています。物心がついた時から母親には甘えさせてもらえなっかたようです。

酒鬼薔薇聖斗が作文で描く「母親」

28703 / Pixabay

小学生のとき、作文の課題では母親のことを「ふとんたたきをもって百たたきがでます」と書いていることから、母親から日常的に体罰を受けていた可能性があります。他の作文でも「ぼくもお母さんがいなかったらな。」と記載していることから幼いころから母親との確執があったことが伺えます。

噂される酒鬼薔薇聖斗母親の異常性

Free-Photos / Pixabay

この中学生の男児がおこした事件は、母親の異常性が引き金になったと噂されているほどです。ここでは幼少期の母親の躾の様子や息子に対する関心の薄さなど、母親の様子を3つの項目に分けて紹介していきます。

酒鬼薔薇聖斗母親の以上に厳しい躾

出典:PhotoAC

父親が不在がちだったことから、しつけは母親が変わりとなっていたそうです。母親は年子の弟に愛情を移してしまい、少年は母親からの愛情が不足していたともいわれています。しかし、しつけには非常に厳しかったようで集団生活で困る事のないように幼い時から食事や片付けなど厳しく指導していたようです。

厳しい躾とは裏腹の無関心さ

Alexas_Fotos / Pixabay

厳しいしつけとは裏腹に,母親は酒鬼薔薇聖斗が動物を虐待しているのを咎めることがなかったそうです。部屋からはナイフ・斧など通常では落ち歩かない道具がみつかったこともありますが、少年が友達から預かった言われれば信じていたり、生き物を殺傷していたりしても見過ごしていたそうです。

PTAに熱心な表の顔

NEXT PTAに熱心な表の顔