クリスタルチルドレンの使命とは?見分ける方法や接し方もご紹介

クリスタルチルドレンとは地球をアセンションに導く特別な魂であり、大きな使命をもって生まれてきた子供たちでライトワーカーとも呼ばれます。普通の子供とは少し違うクリスタルチルドレンの見分け方や特徴、そしてクリスタルチルドレンとの接し方を解説、来たるべきネクストステージに備えます。

この記事をかいた人

ドタバタ母ちゃんが記事を分かりやすく、丁寧にお伝えします。

クリスタルチルドレンとは?

alusruvi / Pixabay

地球を高い次元へと導く為に誕生してきた純真無垢で愛に溢れた子供たちの事を言います。1995年以降に誕生した子供たちに含まれており、生まれ持ってきた使命に気づかず生活している人がほどんどです。

クリスタルチルドレンとは霊的に優れている子供たち

cosmicart / Pixabay

元々、高い波動を持つため、一般の人に比べて霊的に優れており、実年齢よりも大人びいて見えたり、人の体調や心の状態を癒やしたり、言葉を使わなくても相手の事が分かるなど、非常に特異な特徴を持ち、それらはすべて霊的に高い位置にいることを意味します。

天然石などに強い興味を示す

evitaochel / Pixabay

自然界のあゆる存在との交流が可能なため、天然石などのエネルギーも読み取ることができます。誰に教わるでもなく自然と石の意味、使い方について知っていて、石やクリスタルから受け取ったメッセージを伝えてくれることもあります。

過去世や天使について話す

Capri23auto / Pixabay

特に幼少期には天使や妖精などの、一般的には見えないスピリチュアルな存在との交流することができます。それは魂の生まれが宇宙にあることから高い波動をもっており、ほとんどは地球に誕生する際に、過去世の記憶や使命を忘れていますが、稀に前世の記憶を話してくれることもあります。

インディゴチルドレンもいる

geralt / Pixabay

1970年以降に誕生したインディゴブルーのオーラを持った世代で、クリスタルチルドレンの1つ前の世代です。現代の古い体質の政治や教育、秩序などを壊し、新しい次元へと導く戦士・開拓者であり、愛情に満ち溢れた魂の持ち主です。

しかし生まれ持った気質(強い意志を持っているので感情や気持ちをコントロールできない)が原因で現代において生きづらさを感じることが多く、周囲との間で折り合いがつかないことで自己嫌悪に陥ってしまうこともあります。

ナンシー・アン・タピーによって名付けられる

cvpericias / Pixabay

1970年代に超心理学者で共感覚の持ち主だったナンシー・アン・タピーが提唱された概念で、このオーラを纏った子たちは特別な特徴や特殊能力を持つ新しいタイプの子供たちと言われています。

その後、リー・キャロルらによって広く知られるようになり、さらには2008年には国際会議も開かれ、世界中にその考えが知られるようになり、彼らを題材にした映画などもいくつか制作されました。

インディゴチルドレンは青のオーラを持つ子が多い

Activedia / Pixabay

彼らが纏っているオーラは第6チャクラの色としても知られており、そのチャクラ(エネルギーの出入り口)の位置が眉間にあることから「第三の目(サードアイ)」と言われ、常識や偏見に惑わされず物事の本質を冷静に分析・理解し、透視能力にも優れています。

今でこそスピリチュアルな世界も身近になりましたが、まだまだ知らないことも多くあります。チャクラは某アニメでも取り扱われるほど、私たち日本人には身近なものなんです。第6チャクラであるサードアイについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

その他、インディゴチルドレンの特徴

Alexas_Fotos / Pixabay

オーラ以外にも様々な特徴があります。これから挙げる特徴は各世代のチルドレンにも共通して見られるところもあり、大きく共通するのは周りと違うため生きづらさを感じて、孤独を感じてしまうところにあり、はっきりとした違いは世代ごとの気質にあります。

  • 純粋で人を信じやすい
  • 周りの人の感情を繊細に感知する
  • 規則の多い生活環境ではストレスを感じやすい
  • 縛りの無い環境や自由であられる時間の中では本来持っている創造力などを発揮する
  • 子供のころから大人びた考えを持っているため大人には扱いづらいと思われる
  • 正義感が強い
  • 鋭い感性を持っている(引用元:スピリチュアルコネクト)

 

クリスタルチルドレンの子供はレインボーチルドレン

NEXT クリスタルチルドレンの子供はレインボーチルドレン