【幸せの青い鳥】あらすじ、本当の結末は?幸せの考察、青い鳥症候群も紹介

「幸せの青い鳥」は幼い兄妹が幸せを呼ぶと言われる「青い鳥」を探す物語です。今回の記事では「幸せの青い鳥」のあらすじや結末を紹介するとともに、劇中における「幸せ」について考察しました。おすすめの本も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

この記事をかいた人

読みやすい記事を心がけています。2人の男子を育てるシングルマザーです。

幸せの青い鳥とは?

Myriams-Fotos / Pixabay

1908年、ベルギー出身のエッセイストであるモーリス・メーテルリンクが執筆者です。兄と妹のファンタジーな世界に出かけるアドベンチャー物語です。

せわしなく過ごしていると気づきにくいものですが、本当の幸いとは何か?を気づかせてくれる話です。現在にピッタリの内容で、執筆者はまるで未来を見据え執筆したのでは?と思えるほど時代にリンクしています。

モーリス・メーテルリンク作の童話劇

Stergo / Pixabay

世界各国から評価が高く映画化や書籍、本として広いジャンルで世界中から愛されています。理想ばかりを追い続け現実逃避している世界をファンタジーに変えて世の人々に伝えています。

学ぶことの多い作品でもあります。どのような内容なのかを順番にご紹介していきます。

幸せの青い鳥のあらすじ・ストーリー

cocoparisienne / Pixabay

魔女が突然あらわれるところからスタートします。「自分の孫が病気で寝込んでいて助けてほしい。幸せの青い鳥がいればこの病気が治る」と告げるのでした。

そこから幼い2人のアドベンチャーのスタートです。では、順番にご紹介してきます。

貧しい兄妹が「幸せの青い鳥」を探すために旅に出る

Free-Photos / Pixabay

魔女は妖精を彼らに託します。2人はどんなことが待っているのか、ワクワクしながら妖精の後をついていきます。そして色々な空想の世界を尋ねるのです。

妖精の力を使って占う白魔術について詳しく知りたい方は、こちらも良かったらご覧ください

様々な場所を冒険するが、幸せの青い鳥は見つからない

Couleur / Pixabay

最初に訪れた処では、鳥の住みかを見つけることができ喜びますが、国を出た瞬間に黒々とした鳥へ変わってしまったのです。次を探すことになった彼らは、次なる世界に移動します。

見事見つけることができて喜ぶ2人ですが、そのつかの間、手に入れてしばらくすると死んでしまい持って帰ることができなくなったのです。そこで母親の「朝ですよ」の声で目を覚まします。

作者の思惑とは

手に届きそうにもない自分の身の丈に合わないものを入手できたとしても、無理があり維持することは難しいことを匂わせているのではないでしょうか。無理をしないで自分なりの幸運を見つけることが最適といえます。

冒険から戻ると、幸せの青い鳥は家の鳥かごにいた

Free-Photos / Pixabay

残念がる彼らが、ふと飼育している鳥かごを何気なく見ると、いつも見慣れた自分たちの家族でもある「青い鳥」がいたのでした。

というのが概説ですが、実は原作にはこの後の続きがあったのです。

幸せの青い鳥の結末には続きがある!?

JillWellington / Pixabay

絵本だと発見しハッピーエンドになっていますが原作は違いました。一体どんな内容になっているのでしょうか?大人になったからこそ感じる、その結末とは?

青い鳥は飛び去ってしまう

NEXT 青い鳥は飛び去ってしまう