キャンプ用ペグケースのおすすめ8選!トラスコの工具箱も使える!?

ハードタイプとソフトタイプあり

一般的なペグケースと言われる帆切れや布で出来たソフトケースです。収納に優れた巻き取り式などがあります。ペグとハンマーが入ります。もちろん巻き取り式は小さいものが多いので、ペグの本数が多くなるファミリーテントなどでは対応しきれません。大きめのタイプを選びましょう。それでもペグが30本以上だったりする場合はハードタイプがおすすめです。

ハードタイプは全部が金属でできた工具箱と兼用のもので、重さはありますが収納量は抜群です。セミハードタイプとも言えるEVA素材でできているものもあります。ハードタイプには、前述したホールド機能がついていませんのでこの点を考慮する必要はあります。

ペグケースおすすめ①

スノーピーク(snow peak) ペグ・ハンマーケース UG-021

出典:Amazon

ハンマーとペグ〜40CMまで対応。重量113グラム。小ぶりでソロキャンプにはもってこいです。タープ専用のペグケースとしても有能です。もちろんハンマーやペグは別売りです。ハンマーの頭が飛び出たり、ペグの長さが長かったりと購入に失敗しない様に自分のギヤーの確認とケースの重要性を考えましょう。

ペグケースおすすめ②

ロゴス(LOGOS) タフネスペグ ハンマーケース 71996522

出典:Amazon

ケースサイズは36x16cmなので、36CM以下のペグやハンマーが収納できます。ポリエステルでできているので、雨や水にも強い。ベルト通しも付いているので、腰につけての作業が可能です。アウトドアメーカーとしての信頼性もあります。

重量81.6グラム。ソロキャンプや小さなドームテントの場合はこれで足ります。適度な軽さとペグに対して優しいのは、まさにペグケースのスタンダード。こんなペグケースからペグを出されたらテントの設営も楽しそうです。少し男気すぎる感じは否めません。

ペグケースおすすめ③

DOD(ディーオーディー) ペグマクハコブペグバッグ

出典:Amazon

アウトドアメーカーに恥じない作り込みは、現代キャンプのためにある様なもの。巻き取りタイプではありませんが、ハンマー専用のベルトなど付いていて機能面では上の二つよりも優秀です。このままベルトにつけていても良い感じですね。

カラーバリエーションがカーキとブラックだけですが、是非とも他の色も欲しいです。サイズは33cm x 17cm x 6cmです。重量220グラム。材質は帆布コットン。ベルト通しや道具フック付き。ソロ用として選ぶならこれでしょうか。材質の強度やキャンプ場での使い勝手も良さそうです。

内部が2重になっているので、スマホや音楽プレーヤーなども収納できる上に傷みません。ただ一つ、雨や水には完全に防げるわけでなないので注意が必要です。カラーバリエーションを増やせばヒット商品になりそうな予感がします。デザイン性は申し分ないくらいにかっこいいですね。

ペグケースおすすめ④

【YOGOTO】改良版 ハンマー ペグ 一括収納ケース

出典:Amazon

展開時62×42cm、収納時17×42cm、と小さくなっても収納能力は大きいです。重量630グラム。帆布とポリエステルの2重構造で丈夫。ほぼ一本づつ収納するのですが、これがペグを長持ちさせるはずです。泥や汚れも綺麗になりそうです。

特に泥は塗装の皮膜を痛め易い為に、ペグケースは必須。上記の3つはハンマーが小ぶりの制限がつきますが、こちらは少し大きめのハンマーでも余裕があります。

ペグケースおすすめ⑤

NEXT TENT FACTORY(テントファクトリー) バッグ ペグキャリーケース TF-CSP-C