【大口病院事件】概要と戦後最悪とされる毒殺事件の犯人久保木愛弓に迫る!

大口病院事件での患者大量殺害は約2年犯人が捕まらず、多くの人に恐怖を与えました。その後逮捕された犯人は、「自分の勤務時間中に死なれるのが嫌だった」という身勝手な理由を語ってさらに世間を震撼させました。ここでは、大口病院事件の真相や病院の抱える闇に迫ります。

この記事をかいた人

テニス・旅行が趣味です。 共感できる内容や魅力のある記事を紹介したいと思います。

大口病院事件とは

DarkoStojanovic / Pixabay

世間を驚かせた事件は神奈川県の横浜市にあった慈啓会系列の病院で相次いで容体急変の末亡くなったことに端を発しました。現在の名称は、事件当時から変更して経営を行っています。警察の捜査により逮捕されたのは本来人の命を救うために働く看護師でした。犯人は20人近くの犯行を供述しており稀に見る凶行と言われています。

入院治療中である人の点滴に殺傷能力のある液体を混入し、死に至らしめるという方法で医療に携わる者として決して行ってはいけない悪質な犯行になります。しかし、被害者と思わる方の大半がすでに火葬されていたため、捜査は進展しませんでしたが2018年7月、当時在籍していた医療従事者が逮捕されることとなりました。

看護師による患者殺害事件

DarkoStojanovic / Pixabay

殺傷能力のある液体を体内に注ぐ行為がいかに危険なことであるか看護師であれば想定できる立場にありながら、悪質な犯行で逮捕された犯人は立件された人以外にも全部で20名ほどに薬物を入れたとしており、事件が公になるおよそ3カ月前から病棟では40名以上の患者が亡くなっていることから発覚前の患者に対しても犯行をしていたことが伺えます。

人の命を救う立場の看護師が人の命を奪うという残忍な犯行は当時世間を騒がせた大きなニュースでしたが、それ以上に世間を驚愕させ、呆れさせたのは犯行に至ってしまった犯人のあまりにも自分勝手ともいえる動機でした。

Simon / Pixabay

白衣の天使とも呼ばれ、医師からも患者からも信頼される立場であるはずの看護師が何故このような惨劇を引き越したのでしょうか。そこには、病院内での人間関係のトラブルなど職場の闇の部分もあったとされています。

戦後最悪規模の殺人

この事件の犯人として容疑者の看護師は、他にも大勢やったと供述をしていますが事件が公になる前から短期間の間に50名近い人が亡くなっていることからこの内の何名かは点滴に薬物を入れたことが原因ではと言われていますが、発覚前の死亡者は既に家族により埋葬されているため証拠はありません。

大口病院事件の概要

1662222 / Pixabay

日本の歴史を遡っても類を見ない、戦後最悪規模の大量殺人と呼ばれるこの事件は殺害されたという人数が多いこともそうですが犯人が医療従事者ということも大きなニュースとなります。事件はどのようにして発覚したのでしょうか。事件が明るみに出た時から直近の病院内の様子・捜査が難航したことについて項目ごとに紐解いていきます。

大口病院事件は点滴袋を偶然落とすと泡立ったことから発覚

kropekk_pl / Pixabay

事件が、最初に明るみにでたのは2016年の9月になります。容体が急変した入院患者の処置をしていた際、看護師が投与中の点滴が落とてしまった時に、点滴袋の中の輸液が異常なほどに泡立ったことから成分を確認するとヂアミトールが点滴に混入されていることが明らかになりました。

また、数日前に死亡した患者の遺体を調べてみたところ、同じ薬物が発見された為念のため外部の人間が入れない場所に保管されていた未使用分についてもチェックしてみたところ、全てではありませんでしたが数個の点滴袋から注射の痕跡のような不自然な穴があることが判明しました。

大口病院事件の病院では3か月に約50人が死亡

rawpixel / Pixabay

この痛ましい惨劇の現場となった病院の病棟では、事件明るみになる前のわずか3か月の間に48人の患者が亡くなっていることが確認されており技術を必要とする方法や外部の人間が簡単に入ることのできない場所に保管してある未使用の点滴にも混入されていたから外部犯行ではなく病院内部の者による殺人事件の可能性が浮上しました。

以前からも、この病棟の患者は短い期間で亡くなる人の数が異常すぎるのではないかや、何故この病棟だけで多くの人が亡くなるのか等病院内部からも疑問の声が上がっていて、不吉だ等の噂が流れたこともあります。しかし、噂はあくまで噂であるということで誰も犯罪によるものとは気づいていませんでした。

大口病院事件は2年も犯人が分からず

警察の地道な活動により犯人逮捕に至るまでに実に2年の年月がかかりました。凶器となった消毒液は、業務上使用頻度が高いものであり院内の至るところにあったことと、事件発覚前に亡くなった被害者に関しては、すでに火葬が済んでいたため遺体を調べることができなかったことから犯人特定は難しく捜査は難航しました。

捜査のために、警察が看護師のナース服を鑑定してみると、ポケット付近から犯行に使用された薬剤の成分が見つかり、容疑者が深夜の巡回中に、投与の必要のない製剤を手に院内をウロウロ歩く姿が防犯カメラに残っていたこと・1人で病室に入る所をスタッフに目撃されており、その直後に容体が急変したこと等から犯人を絞り込み追い込んでいきました。

大口病院事件の犯行手口

NEXT 大口病院事件の犯行手口