闇サイト殺人事件とは?死刑執行の神田司、暗証番号の秘密も徹底解説

闇サイト殺人事件とはネットから生まれた凶悪事件であり、「殺害人数が1人の場合は死刑にならない」という司法の常識を覆し犯人の1人が死刑判決となった事件です。この事件の概要や犯人、被害者が死の間際、暗証番号に込めた思いなど、詳しく紹介します。

この記事をかいた人

新しいことを知るって楽しい!

闇サイト殺人事件とは?残虐かつ無慈悲な事件

stux / Pixabay

闇サイトは、殺人を含む犯罪・違法行為の請負や勧誘を募るサイトで、この事件をきっかけに流行語大賞にノミネートされるほどに話題性を集めました。

2007年8月24日、闇サイト殺人事件が発生

このサイトを媒体に3人の男が共謀して、事件を起こすことになりました。金欲しさにという、彼らの身勝手な理由で無関係の女性が巻き込まれ、その生涯を閉じることになってしまいました。

闇サイト殺人事件では司法の常識が塗り替えられた

TPHeinz / Pixabay

司法では「殺人の人数が1人の場合は死刑にならない」のが常識でしたが、あまりに残虐なこの事件はその“常識”を覆します。3人のうちの1人が極刑となりました。

闇サイト殺人事件の概要

flo222 / Pixabay

事件の流れを、時系列を追ってご説明していきます。被害者は愛知県に住む磯谷利恵さん(31歳)、家まで残りわずか100メートルの場所で起こりました。

住宅街のため夜の人通りは少なくなりますが、街灯もあり近隣住民も安全であると認識していた道でした。

2007年8月24日の深夜、帰宅途中の磯谷利恵さんが拉致される

彼らは金銭を奪う目的で集まり、金を持っていそうな名古屋市内・OLに的を絞り犯行のタイミングを伺っていました。通りがかった数人のうちの一人である磯谷さんに、犯人は目を付けました。

磯谷利恵さんは3人の犯人に拘束され、脅しを受けた

KlausHausmann / Pixabay

道を尋ねるフリをして、磯谷さんへと近づきました。男は彼女に20センチ程の包丁を突き付け、車へ押し込みます。車内で手錠をかけ、現金約7万円・銀行のカードを奪いました。

事件の発覚を恐れた犯人たちは凶悪な手口で磯谷利恵さんを殺害

出典:PhotoAC

同県内の人気がなさそうな場所を変えた彼らは、磯谷さんからカードの番号を聞き出し、携帯へ数字を記録します。その後、強姦されそうになった彼女は激しく抵抗をしました。

恐怖に押し潰されそうな彼女は、気丈にも逃げ道の模索を始めます。これをいち早く察知しが男が殺害を決め、「話を聞いて」とすがる声に耳を貸さず、彼女を殺害します。

出典:PhotoAC

男らは彼女の頭に袋を被せ、執拗にガムテープを巻きつけました。そして息が絶えるまで、首を絞める・金づちを使って頭部への殴打を、繰り返し繰り返し行いました。

岐阜県瑞浪市の山林で磯谷利恵さんの遺体が発見される

NEXT 岐阜県瑞浪市の山林で磯谷利恵さんの遺体が発見される