【監禁王子・小林泰剛】北海道・東京連続少女監禁事件の監禁生活の実態と現在

監禁王子とは北海道・東京連続少女監禁事件の犯人の小林泰剛の顔立ちがとても整っていたことから呼ばれるようになったあだ名です。監禁王子は王子の名とは裏腹に、女性を奴隷やペット扱いした非道な人物です。監禁王子の監禁事件の詳細や監禁王子の心理などを解説します。

この記事をかいた人

最近空いた時間にいろいろなことに挑戦するのにはまっています。 皆さんに良い情報を発信できるように頑張ります!!

監禁王子とは?

皆さんは監禁王子を聞いたことがありますか。この言葉は北海道・東京連続少女監禁事件の犯人小林泰剛の見た目と犯した罪からなぞらえてつけられた通称となっています。この事件事態は10数年前のものですがその悪質性から記憶にまだ残っている人は多いと思われます。逮捕後の異常な行動と悪質な犯行から王子という言葉の割にはきつい人物像となっています。

監禁王子こと小林泰剛が起こした北海道・東京連続少女監禁事件

Ichigo121212 / Pixabay

監禁王子の通称の所以となった事件北海道・東京連続少女監禁事件。これは国内の監禁事件の中でもとてもひどい部類に入ります。多くの女性が被害にあい又逮捕後の彼の動向でも有名になった事件です。本項では、この事件の詳細と彼の通称の理由をみていきます。

監禁王子の起こした北海道・東京連続少女監禁事件とは

mohamed_hassan / Pixabay

この事件は2005年までの数年間に北海道、東京において多くの女性が彼によって監禁され暴行などを加えられた事件です。似たような手口で多くの女性が監禁され、またその被害者に10代の女の子もいたこと、被害者の女性の多くがPTSD(心的外傷後ストレス障害)を患うなどとても悪質な事件として有名です。

また被害者の女性の多くが精神衰弱に至っているにも関わらず無罪を主張する等彼の歪んだ人間性含めて恐ろしい事件でした。

監禁王子「小林泰剛」逮捕

彼は2回捕まっています。1回目は北海道で自ら逃がした女性に被害届を出されたことによるもので、2回目は東京で監禁していた少女の脱出が逮捕の決め手となり捕まりました。

1回目は犯人自ら逃がしたから良かったが2回目に関してはその勇気ある逃走がなければもっと多くの女性が被害にあっていたと言われるほどです。他の監禁事件と違い女性を自主的に逃がすなど彼は満足したのか女性を逃がしていました。

Alexas_Fotos / Pixabay

自分の行いが犯罪ではないという思い込みがあったのか、それとも捕まっても大丈夫という自信があるのかただ彼の2回目の逮捕が彼を塀の中に入れるには十分すぎました。

監禁王子は逮捕時「小林泰剛」のビジュアルから命名

dawnhoweth / Pixabay

では何故このような悪質な犯罪者に王子を使った呼称をしているのか、それは彼のビジュアルにあります。逮捕時にコスプレをしたことや、そのかっこいい見た目であることが写真などから分かったために多くのは人が彼を監禁王子と称するようになったのです。また学生時代や監禁中に自身の事を皇子と呼べと言っていたことからも彼を監禁王子と呼ぶ一因となりました。

【監禁王子】北海道・東京連続少女監禁事件最初の犯行

Free-Photos / Pixabay

彼が最初に犯行に移したのは北海道にすんでいた頃のことです。彼の凶行が始まった事件としてあげられます。その犯行の手順から以前からきちんと計画が練られたものと思われます。本項では彼による最初の監禁事件についてみていきます。

2001年9月20歳女性を2週間監禁

zdenet / Pixabay

最初の犯行は2001年で当時札幌で知り合った20歳の無職の女性を自宅に連れ込み、2週間彼の自宅に監禁されたという事件です。他の同様の事件と比較してみてもこの短期間で逃がすのは少し珍しいです。

基本的に監禁事件は被害者が自力で逃げだすか誰かが発見するかが多いです。ただこの間にどれだけの非道な行いを彼からされたのか女性からしたらとても恐ろしくどうしようもない時間だったに違いありません。

監禁王子は女性に犬の首輪

NEXT 監禁王子は女性に犬の首輪