虹の大橋は自殺のメッカで心霊スポット!集団自殺の噂と心霊現象を検証

虹の大橋「集団自殺」事件の顛末

TeroVesalainen / Pixabay

2018年、ネット上で自殺の名所である虹の大橋に大勢の警察がいる写真が投稿され、「集団自殺があったのでは」と大騒ぎになりました。果たして、集団自殺の真相とは?ネットの声も合わせて見ていきましょう。

2018年8月22日「集団自殺発生」でネット大騒ぎ

虹の大橋で集団自殺?という投稿があったのは2018年8月22日。その後も集団自殺に関するツイートが相次ぎました。自殺者が多いことで名の知られた虹の大橋ですから、噂は瞬く間に広がり、疑いを持つ人はあまりいませんでした。

発端は警察の大捜索と多数の無人の車

diegoparra / Pixabay

パトカーランプが赤々と光り、たくさんの警察が捜索している緊迫の現場が集団自殺を確信させました。一人の行方不明者を探しているようには見えない捜索隊の数です。その上、多数の無人車付近で発見されたことから、集団自殺説は濃厚となったのです。

集団自殺は誤報だった

geralt / Pixabay

しかし集団自殺は、誤報であることが判明しました。発見された靴と荷物は1人分で、複数みられた車は地元消防団の自家用車だったのです。残念ながら自殺者が出てしまったのは事実ですが、集団自殺ではないことが確認されました。

とはいえ事故ではなく自殺との憶測がすぐさま広がった一連の経緯は、虹の大橋が自殺のメッカであるという事実を証明したと言えるでしょう。

虹の大橋心霊事件簿

rkarkowski / Pixabay

そんな自殺者の多い虹の大橋ですから、夜は不気味な心霊スポットとしても人が集まってきます。そして、霊の仕業としか考えられないような出来事が何度も起きているのです。数ある心霊現象の中から、鳥肌ものの体験談をご紹介します。

心霊事件簿①フェンス向こうから見つめてくる白い服の女性

TheDigitalArtist / Pixabay

夜に虹の大橋を歩いていると、白いワンピースを着て長い黒髪を垂らした30代位の女性がフェンスの向こうからじっとこちらを見つめていました。もちろん橋の下はダムですから、立っていられるはずがありません。

気がつくと横にすっと立っていた女性。「わたし、この橋から飛び込んで死んだのよ」と言って、湖面を指差し消えたそうです。

NEXT 心霊事件簿②多数の地縛霊