日本の不可解な未解決事件20選まとめ!真相はすべて闇の中?

不可解な点を残したまま未解決となった事件。多くは時効が成立したため真相は闇の中です。今回は日本で発生した不可解な事件を20選、事件の概要、不可解な点、現状をまとめ紹介します。残酷な表現もあるため、苦手な方は閲覧注意です。

この記事をかいた人

初めまして。皆様の関心と興味を引き付ける記事をたくさん書いていきます!

目次

日本の不可解な未解決事件20選をご紹介!

Mediamodifier / Pixabay

一度知ってしまうと真相が気になりだして、ネットで噂されている未確定な情報や囁かれている説などを知ろうと、スマートフォンやパソコンに張り付いてしまう恐れがある様な、謎多きミステリアスな事件。あまりにも不可思議な事象が起きていて怪奇現象の様に、科学的に説明する事ができない事件。謎のベールに包まれて悍ましい犯行が行われたけど犯人が捕まっていないという恐ろしい事件。

薄気味悪く理解しがたい事実が多く狐に包まれた様な事件。今回のこの記事では上記のような我が国日本で実際に起きた『未解決事件』20選を余すことなく皆さんにご紹介し、その概要や詳細、どういったポイントが謎めいているのか詳しくまとめていきます。単純に異例な事態が多いだけではなく、残虐性が高く、グロテスクやショッキングな内容を含みますので予めご了承ください。

不可解な未解決事件20選①福島女性教員宅便槽内怪死事件

早速1つ目から概要を知ってしまうと必然的に寒気が伴ってしまいそうなものを解説していきます。あまりこの手のミステリアスな事件系に興味を持っていない方でも、名前を聞けばどういった物であるか何となく把握している方が多く知名度があります。知名度があるのには3つの理由があると考えられます。1つそこまで昔の出来事ではなく記憶に新しいという事。

2つ内容が恐ろしく一体どうしてこうなった?と激しい疑問に駆られてしまう事。ネットや世間で様々な陰謀説やオカルト説などが噂され囁かれている事。では身の毛のよだつような『最初』の訳が分からない怪事件の概要や詳細を詳しくまとめていきます。

福島女性教員宅便槽内怪死事件の概要

2019年6月現在は令和元年に当りますが、現在からちょうど30年前の平成元年にこの謎のベールに包まれた事件が起きました。当時もマスメディアやニュース、新聞で大きく取り上げられ人々を震撼させ話題となり、元年からいきなり不穏な空気が日本中に立ち込めたのです。

福島県内のとある小学校に附属してある先生が寝泊りして生活するための寮があり、その寮で生活をしていた20代前半の女性が何ら変わらず普段通りにトイレに行くと、そのトイレの一つの和式便所の中にシューズが入っていたのに気付き、外の点検口から中を覗くとヒトの脚が見え直ぐに警察に通報。そしてその中から1人の遺体が発見されました。詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

遺体の身元の詳細

  • 地元近くに住む20代半ばの男性
  • アクティブな趣味を持つ
  • 職場では若くしてリーダー的地位についていた
  • 明るい性格で人望も厚かった
  • 発見した女性の先生と知り合い

不可解なポイント

当然便所側からは穴が小さすぎて入る事はできません、点検口も直径35センチメートルくらいしか無いので成人男性であればイリュージョンを使わない限りまず自力で入る事がまず無理です。また遺体の人物像、人柄を考えても性的欲求から自らそんな所に入ろうと試みるはずがないと考えられ、もし自身の意思で入ったとしても目的が不明で検討がつきません。

更には遺体が発見される前にシューズが発見されていますが、片方のみで一方は堤防の様な場所で見つかっているのです。遺体の人物が所有していた車はさほど遠くない自治体、組合施設のパーキングにとめてあり鍵が刺しっぱなしでした。

事件の現状

性的欲求から自ら進んで入る様な人柄、人格ではなく、入る目的も見当が付かず無いと言えるのに、一連の事象は事件として扱われず『事故による死』として断定され、警察の捜査が不自然に打ち切る事になってしまいました。当然ながら腑に落ちない関係者や地元住民の方が多く、もう一度調べなおしてほしいと4000人あまりの人物から署名が上がりました。

多くの人たちが事故や自殺なのではなく、何者かの手によって殺された。つまりは他殺の可能性があると考えたのですが、結局もうすでに事態は解決されているとされ署名は考慮されず再捜査には至らなかったのです。また遺体が発見された便槽は発見した女性の先生の父親が所有して保持されています。

不可解な未解決事件20選②岡山地底湖行方不明事件

NEXT 不可解な未解決事件20選②岡山地底湖行方不明事件