トンボ鉛筆の佐藤とは?震災後就活生へのメールと人物像とその後を紹介!

トンボ鉛筆の佐藤から学ぶ見分け方④

MasashiWakui / Pixabay

面接が行われる日程が土日祝日を指定されたり、午前から夕方までの時間でない時はかなりの確率でブラック企業です。

平日午前から夕方以外の時間を指定される。通常の時間以外も働くことを強要されます。

トンボ鉛筆の佐藤から学ぶ見分け方⑤

面接する人や人数がどのような状態かで会社の命令系統や力加減も現れます。また、面接官の顔色と態度が仕事でお付き合いできる相手か見極めましょう。

  • 面接官が多い時は判断力がある人事が不在です。面接の合否も公正さを持たない判断になる可能性があります。
  • 最初から社長面接の場合は社長が人事を信用していないワンマン社長で、理不尽なことも承諾することがあるかもしれません。
  • 社長面接から現場面接の場合は現場責任者が強い場合です。
  • 面接官が質問事項のプリントを見ながら形式的質問をする場合は人を見て判断がされていないことから人が活き活きと働ける仕事ではないということです。

トンボ鉛筆の佐藤にならないためには?面接のポイント

Free-Photos / Pixabay

既に社会人である人は自分の会社をブラック企業にしないことが大切です。未来の「トンボ鉛筆の佐藤」にならないように気をつける事は多々あります。

トンボ鉛筆の佐藤から学ぶ良い面接①

geralt / Pixabay

面接の段階で募集要項に無い職歴や学歴と勤務日・時間を指摘され履歴書を先に提出した意味がなくなってしまう。事前に中身を確認していない面接官もいます。

  • 大卒でないという理由で不愉快な対応が応募者の心に傷を作りました。
  • 経験を記載していないと後から言われ無駄足を踏む。
  • 土日祭日の休みは毎回では無いと言われ希望と違う仕事で無理をして了解して後悔させ入社後の離職率に繋がります。

トンボ鉛筆の佐藤から学ぶ良い面接②

Couleur / Pixabay

面接官の時間の使い方で印象が左右され、業務が終わらず応募者を待たせたり結果連絡がないなど、立場が上だと思っている証拠です。

  • 約束の時間に面接が始められず待たせるのは応募者の時間を無駄に使っています。
  • 面接してから何週間も連絡が無い、返事を忘れるなど言語道断です。
  • 会社に着いたら担当者が不在で忘れられていた。
  • 不採用でも早く回答するべき、他の採用者が断ったから採用されたのだと思われます。

トンボ鉛筆の佐藤から学ぶ良い面接③

geralt / Pixabay

新入社員への仕事に必要な情報以外の質問が不愉快に思われてしまいます。

  • 時代が変わっている事を把握して常識からかけ離れていない個性を認める必要があります。
  • マイノリティーやジェンダーを攻撃せずに良い所を見つけ今後の関係を良好に繋げる雰囲気作りが必要です。
  • 結婚や異性関係への質問をする事は避けましょう。女性だけでなく男性も問題になります。
NEXT トンボ鉛筆の佐藤から学ぶ良い面接④