ヒバゴンとは?目撃情報からわかった特徴やその正体を徹底考察!

ヒバゴンは実在した!?広島で目撃された日本の未確認生物ヒバゴン!その正体とは何なのか?証拠の写真や目撃情報から徹底検証。自治体が考えた対策とは、どのようなものなのか?ヒバゴンの現在までを詳しく紹介。次に目撃するのはあなたかもしれない。

この記事をかいた人

ROCKとマンガと家事が大好きなイケてるパパ(自称)

ヒバゴンって何?

Alexas_Fotos / Pixabay

50年ほど前の夏、広島の田舎で奇妙で不可解な出来事がありました。夏の夜に地元の男性が山道を軽トラックで帰宅する時の事。突然子牛くらいの大きさの怪物が道路を横切り、ゆっくりとこちらを見ながら森の奥へと消えました。

ヒバゴンは広島で目撃されたUMA

Anemone123 / Pixabay

猿に似た姿の未確認生物(UMA)ヒバゴンの目撃情報は中国地方の真ん中に位置する、比婆郡の比婆山付近に集中しています。1970年代前半にツチノコと並び、日本中で未確認生物ブームを巻き起こしました。

未確認動物(未確認生物)とは目撃例や伝聞による情報はあるが、実在が確認されていない生物のことである。日本ではUMA (ユーマ)とも呼ばれるが、これは日本人による造語。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

 

ヒバゴンは日本固有の類人猿?

Alexas_Fotos / Pixabay

「本当にヒバゴンを見たんだ!信じてくれ!」との証言も、町の人々には「大きな猿じゃなかったのか?」「いや熊だろう」と中々信じてもらえず、動物学の専門家の発表で猿ないしは熊に断定されても、未だに正体は不明なので日本固有の類人猿だと言う説も強ち払拭はできません。

何でヒバゴン?由来は?

Hans / Pixabay

名前の由来は目撃情報の多い比婆山(ヒバヤマ)からヒバゴンと呼ばれています。相次ぐ目撃事件を重く見た町役場では、類人猿対策委員会が設立され、初遭遇の翌年にはヒバゴン係の愛称で親しまれた「類人猿係」も設立されています。

ヒバゴンの目撃情報からわかった特徴

mabyjack / Pixabay

第一発見者は、西城町付近に住む男性が、仕事帰りに軽トラックで中国電力六の原調整池ダム付近を走行中、突然現れ車の前を横切り森の奥へ。12件も目撃された1970年の年末の情報を元に、詳しく特徴を整理してみます。

ヒバゴンの特徴①身長160cm体重85kg?

DaFranzos / Pixabay

猿にしては大きすぎる身長が150~170cmくらいの間で目撃者の証言が共通しており、現場付近に残された足跡から推測された体重は、およそ80~85kgと仮定されます。猿にしては大き過ぎ、熊なら二足歩行の足跡は不自然過ぎです。

ヒバゴンの特徴②全身黒や茶色の毛むくじゃら

seth0s / Pixabay

体毛は薄い黒から茶褐色で、毛髪にあたる頭部の体毛は逆立っていたと言われる目撃証言も有力であり、100件を超える証言からの基準を元に精査され、信憑性の高い事例として町役場の類人猿係が発表しています。

ヒバゴンの特徴③逆三角形の頭とギョロ目

NEXT ヒバゴンの特徴③逆三角形の頭とギョロ目