世界三大獣害事件を紹介!動物による史上最悪で恐ろしい人食い事件とは

日本で起きた獣害事件と言えば三毛別羆事件がよく取り上げられますが、動物によって引き起こされた事件はそれだけではありません。この記事では、世界で起きた三大獣害事件と他にも多くの犠牲者を出した15件の獣害事件について紹介します。

この記事をかいた人

「何事も経験」をモットーに、多趣味で色々なことにチャレンジすることを心掛けています。自分の経験した事の楽しさを多くの人に伝えていきたいと思います。よろしくお願いします。

世界中で起きている?恐怖の獣害事件とは

Alexas_Fotos / Pixabay

約1万円前、世界の森林面積は62億ヘクタールあったと言われていますが、現在は文明の発達とともに、世界の森林面積は約40億ヘクタールに減少しました。つまり、現在の地球の陸地面積の約3割が森林で覆われているということになります。文明を発達し続ける人間と住処を奪われる動物との衝突は、避けては通れない問題です。

獣害事件とは

zgmorris13 / Pixabay

獣害事件と聞けば、猛獣を思い浮かべる人が多いと思います。ライオン、トラ、熊、狼、サメなどでしょうか。いえいえ、それだけではありません。

獣害事件とは、野生、飼育下であるかを問わず、獣と称される哺乳類の行為によって、人間が不利益を被った際に使われる単語です。日本の獣害事件は、ヒグマが起こしたものがトップ3に並んでおり、世界ではライオンやトラなどによって引き起こされる事件も目立っています。

感染症・農作物被害も含まれている

獣害事件とは、人的被害が出たものだけではなく、感染症や農作物の被害なども含め、多岐にわたります。例えば、輸入したペットや外来種畑が病原体を持ち込むことで感染症を引き起こしたり、イノシシや猿に畑を荒らされたりというニュースを見たことがある人は多いと思います。

世界三大獣害事件!その①三毛別羆事件

日本の森林の割合は2015年の段階で68.5%、つまり約7割が森林です。浸潤な気候と豊かな緑に恵まれた日本には多くの動物たちが存在し、共存してきました。日本で起きる獣害事件のトップ3はヒグマが起こした事件で、その中でも最も有名な獣害事件を紹介していきます。

日本史上最悪の被害が出た「熊」が関与する事件

suju / Pixabay

今から100年ほど前の1915年(大正4年)12月9日~14日にかけて、北海道苫前郡苫前村三毛別六線沢周辺で起きた事件です。この事件を引き起こしたのは、体長約2m70㎝、立ち上がると約3m50㎝もの高さで、体重が約380kgもあるヒグマでした。

想像しただけで身震いしてしまうほどの大きさの熊が、三毛別の人々に次々と牙を剥きました。日本史上最悪の被害と言われている事件はどれほどのものだったのか、その被害を詳しく紹介していきます。

民家を襲うヒグマ!開拓民7人が亡くなり3人が重傷

15戸が暮らす小さな開拓地の村の人々を、2日にわたり雄のヒグマが次々と襲いました。被害にあった人のうち、女性2人・子供4人・妊婦1人とその胎児1人、合わせて7人が亡くなり、他に女性と子供を合わせて3人が重軽傷を負いました。

襲われたのは力を持たない女子供ばかりでした。事件発生前、11月頃から尋常ではない大きさのヒグマがうろついていることは知られていたそうですが、当時の家は簡素な作りで、そのヒグマの前に人々は為す術がなく、現場は想像を絶する惨劇を思い浮かべることができます。

熊打ち山本兵吉がヒグマを退治し事件は収束

事件を収束したのは、山本兵吉という熊打ちでした。彼は三毛別付近に来たところ、この残酷な事件を耳にし、単独で山に入りました。そして、木につかまり体を休めていたヒグマを発見し、銃で2発目に頭部を貫通し仕留めました。

ヒグマ捕獲後、解体してみたところ、胃から人間の骨や赤い肌着などが出てきたという。そしてヒグマの肉は、死者への供養という意味で、皆で食べたそうです。三毛別熊事件を題材にした書籍や映画も数多く世に出され、当時の様子や熊の恐ろしさ、人々の恐怖を現在に伝えています。

三毛別事件を詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

世界三大獣害事件!その②ジェヴォーダンの獣

NEXT 世界三大獣害事件!その②ジェヴォーダンの獣