ダブルクリンチノットの結び方|強度はどれくらい?

手順③ 作ったループにラインを通す

二重になったループの中心に、ラインの「先端」を通します。すると、サルカン部分にできた二重のループのほかに、ラインの「本線」と「先端」でさらに大きな輪っかができているのを確認できるはずです。その大きな輪っかの中に、ラインの「先端」を通します。

手順④ 巻き付け部分を締め込む

大きな輪っかを通過した「先端」を引っ張りながら、「手順②」で巻き付けた部分をサルカン方向へ締め込んでいきます。きれいな結び目ができるように、強くゆっくりと締め込んでいきましょう。結び目ができたら、余ったラインを切り落として完成です。

ダブルクリンチノットの結び方② 巻き付け作業のコツ

ループが閉じないように注意しよう

「手順②」で説明したライン同士を巻き付ける作業を行う際には、作ったループが閉じてしまわないように注意するのがコツです。ループが閉じてしまうと次の手順に進めないので、最初からやり直しになってしまいます。ループの中に指を通した状態で巻き付け作業を行えば、ループが閉じるのを防ぐことができます。

巻き付け回数が多すぎるとNG

巻き付け回数は、多ければよいわけではありません。巻き付け回数が多すぎると、「手順④」の締め込み作業でヨレができてしまう原因になります。ヨレができるときれいな結び目を作れないため、強度が落ちてしまいます。ダブルクリンチノットの強度は、きれいな結び目が作れるかどうかにかかっているのです。

巻き付け回数はラインの材質を考慮して調整しよう

巻き付け回数は「手順②」で説明した3~5回の範囲内で、ラインの材質を考慮して調整しましょう。ナイロン素材の場合は滑りにくいので、3回程度の巻き付けでOKです。逆にフロロ素材の場合は滑りやすいので、5回程度の巻き付けが必要です。なお、PE素材のラインはフロロ素材以上に滑りやすく、ダブルクリンチノットには向いていません。

ダブルクリンチノットの結び方③ 締め込み作業のコツ

強度が決まる大事な作業

「手順④」で説明した締め込み作業は、ダブルクリンチノットの強度を支える結び目を作るための作業です。ヨレなくきれいに締め込めるかどうかで強度が決まるのが、ダブルクリンチノットの特徴です。慣れるまでは、ゆっくり慎重に行うようにしてください。締め込み作業が不十分だと、釣りの最中に結び目がほどけてしまいかねません。タックルのセッティングを最初からやり直すはめになるので、十分に注意しましょう。

「先端」と「本線」を同時に引っ張ろう

締め込み作業を行う際には、「先端」と「本線」を同時に引っ張りましょう。ヨレができてしまう原因は、「先端」と「本線」のいずれかに偏って力がかかることです。「先端」と「本線」の両方に均等に力がかかるように注意しながら、強くゆっくりと締め込んでいきましょう。

NEXT 摩擦熱を防ぐためにラインを湿らせよう