「圧倒的感謝」とは?元ネタはカイジ?使い方や派生語も

SNSなどで広まっている「圧倒的感謝」は本来の意味である“圧倒的な感謝”の他にも、皮肉として用いることのできる便利な言葉です。今回は「圧倒的感謝」の元ネタや本来のフレーズ「感謝・・・・っ!圧倒的感謝っ・・・・!」の登場回、他にも使い方や派生語など詳しく紹介!

この記事をかいた人

皆様がわくわくするような記事をお届けしていきたいです(^^)

圧倒的感謝とは?どんな意味の言葉?

FirmBee / Pixabay

「圧倒的感謝」を聞いたことはありませんか?一体どんな風に使えばよいのでしょうか。響きや漢字から印象に残りやすい「圧倒的感謝」は、ネットスラングとして、ツイッターなどのSNS上で使われています。

見るとかなりインパクトのある「圧倒的感謝」は一体どういうところで使われるのでしょうか。実は、単純な感謝を表現するだけでなく、色々なシチュエーションで使える便利でユーモアたっぷりのマジックワードです。

「圧倒的感謝」は“他と比べられない程の感謝”を意味する

Free-Photos / Pixabay

他とすごく差のあるということを表す「圧倒的」と「感謝」合体することで、普通の感謝と違う特別なありがとうの意を込めることができます。

「圧倒的感謝」はどのような時にハマるのでしょうか。これを読まれた後は、つい「圧倒的感謝」をツイッターでつぶやいてしまうかも。それでは、実際の活用方法に行ってみましょう。

皮肉としても?様々な場面で使える「圧倒的感謝」

geralt / Pixabay

素直に感謝を伝えたい状況の反対で、「圧倒的感謝」を使うと、本当は辛い時や、悲しい事をより強調して笑いのネタに変えることが出来ます。

普段であったら不満をストレートに言ってしまいそうですが、空いている電車に楽々乗れることだけはいいことです。勉強は辛いですが、「圧倒的感謝」が、あっという間にユーモアのある文章に変身させてしまいます。

圧倒的感謝の元ネタは漫画『賭博破戒録カイジ』

賭博黙示録 カイジ 1

Amazonで見る

「圧倒的感謝」は『賭博破戒録カイジ』で話題になったあるセリフです。

『賭博破戒録カイジ』とは、『カイジシリーズ』の第2部にあたり、週刊ヤングジャンプで連載された漫画です。ろくに働きも、努力もせず生きてきた青年が、多額の借金を抱え、危険な賭博に打ち込むストーリーです。

「圧倒的感謝」は漫画『賭博破戒録カイジ』から誕生

『賭博黙示録カイジ』で、1000万円もの借金を抱えてしまった主人公カイジが、裏世界や政界までを支配する金融会社「帝愛グループ」によって、地下にある強制労働収容所に捕らわれるストーリーから始まります。

地下収容所では、独自の通貨『ペリカ』を貯めると、ビールを購入できたり、地上外出券を買うことが出来ます。地上に出て大金を当てようと狙うカイジは、『ペリカ』を懸け仲間と画策します。

『ペリカ』は、1ペリカが0.1円ほどの価値しかありません。『ペリカ』については、こちらの記事をご覧ください。

第13巻129話で登場!カイジは仲間を救うためにパチンコで勝負

fielperson / Pixabay

地下の仲間同士の賭けで、見事地上へ外出できる額のペリカを得たカイジは、『帝愛グループ』が支配する裏カジノのパチンコ『沼』に挑戦します。

借金を返済しなければ地下に逆戻りする運命にあるカイジには、ペリカを託してくれた地下収容所の仲間を救うため、1玉4000円のパチンコ台『沼』に挑みます。

『沼』とは絶対に当たらないように、店側が操作できるパチンコ台で、数々の挑戦者を飲み込んできた‟怪物”でした。

勝利を収めたカイジ「感謝・・・・っ!圧倒的感謝っ・・・・!」

NEXT 勝利を収めたカイジ「感謝・・・・っ!圧倒的感謝っ・・・・!」