「お前の席ねぇから!」はドラマ「ライフ」が元ネタ!放送後の反響や魅力も

「お前の席ねぇから!」というセリフが登場したのはドラマ「ライフ」で最も印象的なシーンです。たちまち「お前の席ねぇから」はネットでネタにされ話題となりました。この記事ではセリフの元ネタシーンの解説や元ネタのドラマ「ライフ」の見どころについてご紹介します!

この記事をかいた人

皆様がわくわくするような記事をお届けしていきたいです(^^)

「お前の席ねぇから」とは

Taken / Pixabay

耳から離れない「お前の席ねぇから」とは、なんと衝撃的な響きでしょう。学校や会社で言われたらと考えると、ぞっとしてしまいます。実は「お前の席ねぇから」の元ネタになったのは、あるドラマでした。

「お前の席ねぇから」はドラマ「ライフ」のセリフ!

Prawny / Pixabay

ドラマ「ライフ」は今から12年前に放送されました。人気ドラマだったので、記憶に残っている人も多いでしょう。いじめ描写がセンセーショナルで、様々な影響を与えました。

「お前の席ねぇから」が話題を呼んだ「ライフ」とは?

ライフ DVD BOX

Amazonで見る

ドラマ「ライフ」は、北乃きい演じる女子高生・椎葉歩を中心に進んでいきます。歩が通う学校で、友人や恋愛、家族にまつわる人間関模様を、過酷ないじめを中心に展開します。

「ライフ」は視聴率17.4%の人気ドラマ!

Pexels / Pixabay

「ライフ」は土曜日の23時台スタートにもかかわらず、安定した視聴率で推移し、最終回は17.4%にも上りました。毎週ドキドキしながら放送を楽しみにしていた人も多かったでしょう。

「ライフ」のあらすじ

Comfreak / Pixabay

北乃きい演じる主人公・椎葉歩は、どこにでもいる気弱な女子高生ですが、高校受験での出来事をきっかけに人間不信に陥ってしまいます。

新しい学校やクラスで、なんとか取り繕う日々を送っていましたが、徐々に人間関係が狂い始めます。

「ライフ」のいじめシーンは壮絶!

Free-Photos / Pixabay

誤解やすれ違いが重なり、いじめのターゲットとされてしまった歩(北乃きい)ですが、そのいじめがなんとも残酷なものばかりでした。子供には見せられないという大人がいたほどです。

トイレでモップを押し付けられ、バケツで水をかけられる、教科書や弁当を捨てられる、暴行シーンも存在し、いじめを通り越して犯罪といえるほど過激です。

これほどのシーンは見ている側が辛くなるほどの描写がたくさんありました。

「ライフ」主演当時16歳の北乃きいが可愛い

主演は、当時から人気の高かった北乃きいでした。童顔で笑顔が可愛く、新垣結衣も務めた高校サッカー選手権大会の応援マネージャーを務めています。ティーン誌の元モデルで、同性のファンも多くいました。

童顔でかわいらしい印象の北乃きいですが、声は少しハスキーがかっていて、元気が活発なイメージの方も多いのではないでしょうか。

「ライフ」が連続ドラマ初出演作となりました。北乃きいは16才ということもあり、初々しさが印象的で、当時の年齢から女子高生というリアルな演技も話題になりました。

「ライフ」は宣伝ポスターも話題に

NEXT 「ライフ」は宣伝ポスターも話題に