八鹿高校事件とは?事件の概要や背景・主犯の丸尾良昭の人物像にも迫る

八鹿高校事件は、部落解放同盟と教員との間で起きた事件で、高校の教職員がリンチの被害者となったことで注目を浴びました。この記事では、八鹿高校事件の概要や背景、裁判の判決、さらに主犯とされる丸尾良昭や事件のその後にも迫ります。

この記事をかいた人

さまざまな分野に興味深々。 気になったこと、面白そうなことをどんどん追及してきたいです。

八鹿高校事件とは?部落解放運動の中で起きた事件

12019 / Pixabay

八鹿高校事件、それは自分たちの安寧な生活を脅かす悪習と戦うために被差別部落の人々が立ち上がり起きた事件です。両者諍いの原因となる権利主張には不義な点はありませんでした。しかし、手段を誤ったのです。

八鹿高校事件の中でも取り立て奇特な点は、被害者となったのが正しい教育を志し、日々生徒らと向き合う一教師たちだったことです。彼らは被差別部落の人々に対して日ごろから激しく糾弾していたわけではありません。

背景には、同和地区への根深い差別の歴史もあり、当時中国で起きた運動が過激さに拍車をかけたと思われる事件です。また、八鹿高校事件では平等な世界こそ理想と信じ日々駆ける生徒達についても着目されます。

八鹿高校事件の概要

sasint / Pixabay

かの差別問題が報道され広く周知される礎ともなった事件である当八鹿高校事件。発生前から両者間には暗雲が立ち込めており、悲しき事にも当事者となった高校側でも幇助しあい集団登校など対策を取っていました。

それにも関わらず、解放同盟側の予想以上の強引さや人数の多さ、また周囲の非協力も相まって負傷者を出す騒ぎとなりました。半日近くも軟禁されていた教師たちは、一体どのような被害にあったのでしょうか。

部落解放同盟が八鹿高校を占拠

geralt / Pixabay

大きな影響を齎したかの燃料問題の脅威もすぎ、訪れる冬に備えつつも平穏が戻りつつある11月の世間。んな世間の空気はいざ知らず、八鹿高校事件を予感させる小さな諍いなど、不吉なことが続きます。

また、同高校には、平和平等主義の世とはかけ離れた悪しき風習を蹴散らさんと発起した生徒により、見事設立された来歴を持つ解放研の生徒らが、明くる日を暗示するかのように一丸となりハンストを決行していました。

明くる日の朝、前途を案じる教師たちが決死の思いで、自らの職務を果たさんと勇敢にも登校します。しかし、悪い予感ほど当たるもので、学校は血気盛んな解放同盟諸君によって占領されていたのでした。

八鹿高校教職員が集団でリンチされる

Comfreak / Pixabay

予感する何かに怯え、不安な心を一つにしていた教師らの深い思慮すら追い付かず、備えもありながら不幸なことにも、いかなる理由か八鹿高校事件の発生を妨げることはできませんでした。一体何故でしょう。

答えは明瞭で解放同盟側による教師たちへの下校妨害があったからです。被害者となる約60名の暴行を受ける理由も罪もない冤罪人達は、恐ろしい私刑場の舞台となる同行体育館へと連行されていきます。

逆らう人には容赦なく暴力罵声を浴びせた解放同盟。八鹿高校事件において、加被が明確に別れ、司法が加を赦さなかった原因はこの暴力行為に他ならず、如何なる場でも暴力は許される事はありません。

被害例①服を脱がせる

被害者を受け八鹿高校事件の犠牲者となった女性教師の中には、まだ20代の若い教師もいました。無理やり連行され怯えている女性教師に解放同盟は文書の筆記を強要しますが、彼女は勇敢にも拒否しました。

しかし、その態度が気に入らなかったのか解放同盟は彼女を逃げられないように囲い込み、大勢で髪を引っ張るなどの暴力を加えます。挙句の果てには服を無理やり脱がそうとし、身体を触る性的暴力に発展しました。

被害例②道具を使い殴る

極度の緊張やストレスからか、身体に不調を来たした男性教師は、それを恐ろしい処刑人となった解放団体メンバーへ訴えます。しかし、それを聞いたメンバーはそら寝かすまいとして教師の顔を殴りつけるのでした。

その後も、甘えている、差別を受けた側が受けた苦痛はこの程度ではない、などと難癖をつけられ、眠らないようにか皮の薄い首などにたばこの火を押し付けられ火傷を負わされます。が、更にエスカレートします。

装具を着けた手で顎を強く殴打され、男性は無事救出されていますが、身体中に怪我を負っていたため入院を余儀なくされます。男は頑丈だと高を括ったのか、女性に比べ道具を使った非道な暴行が多々ありました。

八鹿高校事件の被害者は70名以上

NEXT 八鹿高校事件の被害者は70名以上