ハハノシキュウとは?サイコ系ラッパーの経歴や素顔、結婚情報も!

ハハノシキュウは長い前髪で顔を隠している謎の多いラッパーです。ハハノシキュウの音源はサイコ的な雰囲気があり、その独特の雰囲気が人気です。またバトルでは炎上系のスタイルを得意としています。ハハノシキュウのプロフィールや素顔の情報、音源や結婚情報を紹介します。

この記事をかいた人

ハハノシキュウとは?素顔不明のサイコ系ラッパー!

Pexels / Pixabay

ハハノシキュウ(以下、敬称略)とは何者なのでしょう。常に長い黒髪をおろし、トレードマークの『8×8=49』がついたキャップを目深にかぶった、顔の見えないラッパーです。

その見た目だけではなく、あちこちで炎上しているラップスタイルやダミ声もかなり独特のものがあります。

ハハノシキュウのプロフィール!素顔以外も謎が多い?

ktphotography / Pixabay

このように素顔を非公開としているハハノシキュウですが、彼の生い立ちも明らかになっていないことがたくさんあります。その素顔以外にも謎が多い人物です。

ハハノシキュウのプロフィール

Bru-nO / Pixabay

ハハノシキュウは青森県弘前市出身、幼少期は度々、謎の腹痛などで入院していました。特に体が弱かったわけではなさそうですが、精神的なものなのでしょう。

ハハノシキュウの姿勢の悪さは子供時代から?

geralt / Pixabay

ハハノシキュウは姿勢の悪さでも有名ですが、それは幼少期からずっと変わりません。母親が面倒がって医者に連れて行かなかった為に、そのまま来ている、というのが本人の口から語られています。

いまだに母親からは『あの時、医者に連れて行けばよかった』と言われているとかいないとか。

ハハノシキュウは幼い頃から骨折が多く父親がさじを投げた?!

geralt / Pixabay

またハハノシキュウは骨折も数多く経験しています。わかっているだけでも中学で2回、大学で1回、骨折しています。

大学生で骨折した時に父親から『お前は本当に手が付けられない』と言われたことを、今でもしっかり覚えているそうです。

本人としては、骨折したくてしているわけじゃない、とでも思っていたのでしょう。

ハハノシキュウは「母野宮子」の名前でコラム執筆も!

jackmac34 / Pixabay

ハハノシキュウは「母野宮子」名義で作詞家としても活動しています。またハハノシキュウ本人と、それを俯瞰する立場で見る母野宮子が交互に書いていく形での、コラムを執筆しています。

さらに「さっき初めて会った人の結婚式の祝辞」という曲では、作詞家・母野宮子としても名を連ねています。

ラッパーになった理由は小説家の夢が挫折したから?

lukasbieri / Pixabay

ハハノシキュウはもともとは、小説家になりたかったようですが、新人賞の応募要項であるあらすじを書くことができず挫折し、小説家への道をあきらめました。

ですが後に、ちゃんと小説家としてデビューしています。長い文章のほうが得意そうですね。

ハハノシキュウの経歴|2019年4月についに小説家デビューも!

NEXT ハハノシキュウの経歴|2019年4月についに小説家デビューも!