【三豊百貨店崩壊事故】韓国史上最大の崩壊事故の真相とその後に迫る

三豊百貨店崩壊事故とは、韓国史上最大と言われる崩壊事故であり人災です。専門家からの再三の警告にも関わらず、店は利益のために経営を続け、惨劇へと繋がりました。この記事では三豊百貨店崩落事故が起きた原因や背景、事故の詳細や跡地のその後について紹介します。

この記事をかいた人

あらゆるジャンルの記事を、よりわかりやすく、多くの方に発信して行けるように頑張ります!

三豊百貨店とは?45秒で崩壊した韓国のビル

Angelo_Giordano / Pixabay

この三豊百貨店(サンプンペッカァジョム)は6年のみの営業の幻の超人気商業施設の事です。この時期は多くの施設が誕生し、その代表格とも言えたこの施設は、「45秒」で多くの犠牲者を出すことになりました。

三豊百貨店崩壊事故の前日はどんな状況だったのか

artemtation / Pixabay

ここまで大規模な事故があったともなれば、その前兆の様な現象が発生していなかったのでしょうか?ここでは三豊百貨店が事故を起こす前日にあった内容を紹介します。

三豊百貨店の所在は韓国ソウル特別市瑞草区

mauabe / Pixabay

まず、日本語の読み方だと「さんほうひゃっかてん」とも呼ばれる三豊百貨店は、三豊団地の前の区間の空き地にオープンし、連日賑わいを見せてました。

当時の韓国は、ロッテワールドが開業したり、オリンピックが開かれたりと大変賑わいを見せ、この施設に至っては、売り上げ高も業界で1位を誇ってました。

そこから見ても分かる通り、日本でいう高度経済成長中の様な、実に華やかな時代だったと言えます。

三豊百貨店は開店5年目にして床にヒビが入る

Pexels / Pixabay

ですが、三豊百貨店は既に蝕まれていました。なんと文庫書店が入っていたフロアに亀裂が入ったのです。どうやら本の重さに耐えきれなかった様です。

この書店は幸いにも、崩壊事故が起きた3ヶ月ほど前に撤退していたため(理由は不明)、悲劇に巻き込まれることはありませんでした。

コンクリートの床が本の重みに耐えられない意味がわかりませんが、それ程建物が弱っていたという事です。

ひび割れの原因と危険度

コンクリートの床がひび割れを起こす原因は乾燥か気温の変化などが一般的なことの様です。

ですが、崩れる恐れがある「不同沈下」と、強度不足などの施工不良の可能性もかなりあるので、業者に調査を依頼するのが通常の手順のはずです。

ですが、「たかがひび割れごとき」と言わんばかりの対応で、原因を探ろうとしないなど、大勢の客を呼び込む商業施設の責任者とは思えない対応でした。

三豊百貨店事故前日から天井がひび割れていた

NEXT 三豊百貨店事故前日から天井がひび割れていた