小島一朗の現在は?新幹線殺傷事件の犯人の父や家族との複雑な関係とは?

小島一朗は新幹線殺傷事件の犯人です。乗客に向けて鉈を振り回し暴れた小島一朗に立ち向かった男性が殺害されました。小島一朗の背景には両親・叔父・祖母から非難の声を浴び続けた辛い生活があったとされます。今回は小島一朗の生い立ちや事件の概要と現在をまとめました。

この記事をかいた人

日々の暮らしを充実させるのが好き。

小島一朗とは?新幹線殺傷事件の容疑者!

8385 / Pixabay

小島一朗とは、2018年6月9日の21時45分頃、東京から新大阪に向かう東海道新幹線のぞみ265号の車内で発生した、新幹線殺傷事件の犯人です。この事件で女性2名と男性1名が被害者となりました。

事件の凶悪さの一方で生い立ちや父親との確執が話題になりました。現在は公判待ちで拘留中となっています。

小島一朗が起こした新幹線殺傷事件とは?

PeterW1950 / Pixabay

新幹線殺傷事件は2018年に起こった事件なので、現在も記憶に新しい方も多いと思います。新幹線という逃げ場のない密室空間で怒ったこの事件は、いったいどういう経緯で起こったものなのでしょうか。順に追ってみましょう。

小島一朗が犯人の新幹線殺傷事件①2018年に東海道新幹線で発生

omaeda / Pixabay

小島一朗被告は、のぞみ265号が新横浜駅を出発してからわずかに3分後の21時45分ごろに犯行に及びました。次に停車する名古屋駅までは約1時間近くもあり、「邪魔されずに目的を果たせると思った」と事情聴取で供述しています。

小島一朗が犯人の新幹線殺傷事件②乗客を鉈で切りつける

motihada / Pixabay

小島一朗被告は12号車後方の通路側に座っていました。犯行時刻、急に立ち上がって隣に座っていた女性に鉈を振り下ろしました。さらに通路を挟んで反対側の女性にも切りかかり、車内はパニック状態となりました。

小島一朗が犯人の新幹線殺傷事件③止めに入った会社員を殺害

 

その後、男性会社員が女性を助けようと間に入りますが、小島被告が男性に馬乗りになり男性の右頸動脈を裂傷。さらに隠し持っていたナイフで数十か所を刺し、男性は出血性ショックで死亡してしまいます。

小島一朗が犯人の新幹線殺傷事件④警察到着まで説得を続けた車掌

zhivko / Pixabay

12号車の乗客が全員前方の11号車に避難したのち、車掌はトランクを盾にして小島一朗容疑者を約15分間説得し続けました。説得後、小島容疑者は刃物を下ろしましたが車掌と向かい合ったまま何も話さなかったそうです。

小島一朗が犯人の新幹線殺傷事件⑤緊急停止した車内で逮捕

3839153 / Pixabay

小島一郎被告は被害者の男性に馬乗りになったまま、犯行から約20分後の22時4分ごろに緊急停車した小田原駅で待機していた警察官らに現行犯逮捕されました。以上が新幹線殺傷事件の時系列となっています。

小島一朗の事件の動機とは?身勝手すぎるその理由

NEXT 小島一朗の事件の動機とは?身勝手すぎるその理由