「食卓のお肉ができるまで」の内容と真実!見た人の感想も【閲覧注意】

「食卓のお肉ができるまで」の参考文献は正しい?

Marisa_Sias / Pixabay

「食卓のお肉ができるまで」や「菜食(ベジタリアン)のススメ」は全体を通して、人間は食肉に向いていない、食肉は病気を引き起こす原因である、と断言しています。

菜食主義者の偏見だ、と思う人もいるでしょう。しかし、そこに参考文献として挙げられている著書があり、その著者が権威ある研究者であったら、信じたくなりませんか。

「食卓のお肉ができるまで」もとい「菜食(ベジタリアン)のススメ」の参考文献をいくつか取り上げました。「食卓のお肉ができるまで」の信憑性を検討してみましょう。

著者や研究に信頼性はある

DariuszSankowski / Pixabay

菜食に関して、中心となっているのはハーヴィー・ダイアモンドの著作、『ナチュラルダイエットー必要なのは3つの食習慣だけ』(2004、ディスカヴァー・トゥエンティワン)です。

彼はアメリカで栄養科学博士の学位を持っており、健康コンサルタントとして活躍している人物です。

他にもピーター・コックス『新版 ぼくが肉を食べないわけ』(1998、築地書館)も挙げられています。ピーター・コックスはイギリス・ベジタリアン協会初代会長です。

「食卓のお肉ができるまで」は食肉反対派を引用

geralt / Pixabay

「食卓のお肉ができるまで」は、研究者の意見に影響を受けて執筆されたことが分かります。しかし、いくら研究者と言えど、彼らの言っていることをすべて鵜呑みにするのは得策ではありません。

食肉は体に悪い、と言う研究者がいる一方で、菜食のみでは体に悪い、と言う研究者もいます。研究者によって、言っていることは様々です。

「食卓のお肉ができるまで」は、「食肉は体に悪い」という反対派の主張のみを参考にしたのです。

食肉肯定派、中立の立場

mohamed_hassan / Pixabay

反対に、食肉を肯定する立場の書籍もあります。

『50歳からは肉を食べ始めなさい-元気で老いない長寿のための食事法』(2014、フォレスト出版)は、東京医科歯科大学名誉教授、藤田紘一郎の著書です。

また、食肉に関して全体を俯瞰した、野林厚志の『肉食行為の研究』(2018、平凡社)は人類学の立場から論理を展開しています。

「食卓のお肉ができるまで」もひとつの側面

qimono / Pixabay

「食卓のお肉ができるまで」や「菜食(ベジタリアン)のススメ」を見ると、「こんなにたくさんの著名人が、菜食を勧めているんだ」と思うでしょう。

ただ、それはものごとのほんの一側面にすぎません。

彼らの主張は、絶対に正しいとも、絶対に正しくないとも言えないのです。

「食卓のお肉ができるまで」への皆の意見は?

出典:PhotoAC

少なからず誇張も含まれているのが、「食卓のお肉ができるまで」のようです。

食肉、捕鯨、毛皮等、これらの話題は議論が尽きません。

ここでは、おもに「食肉」にスポットをあて、「食卓のお肉ができるまで」に対する各人の反応にを見ていきます。

「食卓のお肉ができるまで」の内容への意見【食肉反対派】

出典:PhotoAC

「今まで肉を食べていた自分がいかに罪深いかわかった気がします(中略)はっきり言って殺されたあの子たちを思うと肉なんていらないです」

(引用:YAHOO!JAPAN 知恵袋より一部抜粋)

「菜食(ベジタリアン)のススメ」にも、ベジタリアンになるきっかけが「食卓のお肉ができるまで」だったという声が多いです。

反対派の理由には、「残酷さ」が必ずと言ってよいほど挙がります。

「こんなにも喜怒哀楽のある動物(豚・牛・鶏等、他の動物も同じ)を恐怖の中、生きたまま殺して人間の快楽の為に肉にされ、毛皮にされて・・・なんてこんな酷い話は無いと思います。」

(引用:「ベジタリアンになったわけ」菜食のススメより一部抜粋)

人間と同じように感情のあるもの殺し、自分の利益のために利用するとは酷すぎる、という主張です。

ただ、「食卓のお肉ができるまで」を鵜呑みにしたがゆえに「生きたまま殺して」との発想に至ったのでしょう。

NEXT 「食卓のお肉ができるまで」の内容への意見【食肉肯定派】