「修行するぞ」の元ネタはオウム真理教?目的は洗脳?話題になったTシャツも

「修行するぞ」とは、オウム真理教の教祖・麻原彰晃の言葉で、修行の「新会員の願いを叶える宝石の言葉」のB面に表れるフレーズです。この記事では、「修行するぞ」の元ネタや使い方、話題となった「修行するぞTシャツ」についても紹介します。

この記事をかいた人

わかりやすい記事を心がけます。

「修行するぞ」とは?麻原彰晃の言葉!

msandersmusic / Pixabay

この「修行するぞ」のフレーズは、麻原彰晃の言葉として、オウム真理教に入信していた信者達の中で繰り返し唱えられていたものの一部を抜粋したものです。

現在「修行するぞ」の言葉はSNSなどでも多用され、本来オウム真理教の中で使われていたフレーズであることを知る者は多くありません。

しかし、かつて信者はこれらを繰り返し唱えることによって徐々に洗脳され、教団の一員となっていったのです。

「修行するぞ」の元ネタは?

sasint / Pixabay

「修行するぞ」のネタの出所については、麻原彰晃の声で吹き込まれているという、あるテープの存在が有力です。そのテープの詳細について次で説明します。

元ネタは「新会員の願いを叶える宝石の言葉」B面

flockine / Pixabay

まず、A面では信者にオウム真理教に入信した目的を問い、その目的を達成させるために神々を思い瞑想をします。その後、十の戒めに続き、マントラを唱えるというのがA面の流れです。

本題のB面は信者を幸福に導くエネルギーを秘めたテープのようです。深く意識に刷り込み洗脳することが目的なのでしょうか?目標として1000時間聞くことが推奨されています。

その中で「修行するぞ」はB面に何度も繰り返し出てきています。

「修行するぞ」を繰り返すことで洗脳することが目的

Free-Photos / Pixabay

短い文章を繰り返し声に出すことは洗脳の基本です。つまり、「修行するぞ」の言葉も洗脳の一端を担っているわけです。

洗脳手法①思考を止めトランス状態に陥らせる

TheDigitalArtist / Pixabay

「修行するぞ」等の単調なフレーズを繰り返す行為は思考力を奪い、トランス状態に陥るように仕向けます。このような状態になると、洗脳にかかりやすくなります。

次から次に繰り出されるフレーズを唱えることで、考える隙をなくし、批判的な思考をも失わせることができるのです。

洗脳手法②唱え続けることで意識が変わり洗脳される

geralt / Pixabay

「修行するぞ」に限らず、オウム真理教では尊師である麻原彰晃および、教団への忠誠を誓わせる目的で信者に歌や詠唱なども指示していました。

歌やマントラなどの詠唱は決して悪いものではなく、詠唱から生まれるハーモニーは信者達に強力な一体感を感じさせます。それは時に安らぎとなり、厳しい現世を生き抜く糧になるのです。

しかし、教団で使用されていたのは単調で抑揚の少ないフレーズを唱えるなどでした。「修行するぞ」も含まれているこれらを継続的に続ければ、意識に変化をきたし洗脳されやすくなります。

「修行するぞ」の使い方は?

sasint / Pixabay

昨今、SNS上で使われることが多くなってきた「修行するぞ」の言葉ですが、SNSユーザーは一体どのように使いこなしているのでしょうか?次で紹介します。

「修行するぞ!」を繰り返すだけ

NEXT 「修行するぞ!」を繰り返すだけ