「絶望の扉」は検索してはいけない言葉?サイトの内容と閉鎖の経緯とは

「絶望の扉」とは主に死体などの画像をアップしているグロ系サイトです。モザイクもなしにグロテスクな画像を公開しており検索してはいけない言葉のひとつとなっています。この記事では「絶望の扉」の内容と、一旦閉鎖をした経緯などについて説明していきます。

この記事をかいた人

都市伝説やオカルト・怪奇現象など、不思議なことが大好きです!

「絶望の扉」とは?検索してはいけない言葉のひとつ

422737 / Pixabay

検索してはいけない言葉はたくさんありますが、大まかに分けると『トラウマを与えるような画像などに繋がるキーワード』と『ウイルスサイトなどパソコンに被害を与える危険があるキーワード』に分けられます。

「絶望の扉」は『トラウマを与えるような画像などに繋がるキーワード』に分類されます。実際に検索してみると「絶望の扉」の情報と共に、「絶望の扉」というサイトが結果一覧に表示されます。

正体は死体などの衝撃画像を集めたグロ系サイト

出典:PhotoAC

「絶望の扉」は、死体などの衝撃画像を集めたグロ系サイトです。そのため、「絶望の扉」で画像を検索すると、たくさんのグロテスクな画像が結果一覧に表示されます。

『グロ系画像に耐性がない方』『怖がりな方』『食事中の方』などは検索してはいけない言葉です。興味本位で「絶望の扉」の画像を見てしまい後悔した人も多いため、検索してはいけない言葉のひとつに加えられました。

「絶望の扉」はどんなサイト?

出典:PhotoAC

「絶望の扉」は、パソコン・携帯電話のどちらからでも見られるように作られているサイトです。たくさんの衝撃画像(モザイク加工なし)がユーザーによって投稿されていました。

刺激が強いためサイトへのアクセスはお勧め出来ません。怖がりだけど内容を知りたい方でも読み進めることができるように、内容をマイルドにし、衝撃画像も載せずにサイトの説明をします。

事故や殺人のグロテスクな画像をアップしている

出典:PhotoAC

「絶望の扉」は『事故や殺人による本物の死体』『奇形の動物』『心霊写真』などのグロテスクな画像をアップロードしています。事故や解剖によって人間の内臓が見えている死体や腐乱死体の画像もありました。

画像はいくつかのカテゴリに分けられている

出典:PhotoAC

投稿された画像は選択できる複数のカテゴリに分けられており、見たい画像を探しやすいようになっています。

「絶望の扉」は今でも見られる?

rawpixel / Pixabay

現在「絶望の扉」は、存続して賑わい続けているのでしょうか?それとも閉鎖して無くなっているのでしょうか?現在のサイトの状況を確認しました。

現在もサイトは存在する

現在でも「絶望の扉」は存在しています。サイトを見てみると、大半の画像が見れないようになっていました。現在は閉鎖されずに放置されており、廃墟のような状態でサイトが残されていました。

アクセスすると目次が出てくる

NEXT アクセスすると目次が出てくる