大分一家6人殺傷事件とは?犯人の動機や現在、被害者一家のその後に迫る

大分一家6人殺傷事件の犯人は15歳の男子高校生でした。周りからは「真面目」「いい子」と言われていた犯人の人物像、犯行に至った動機をそして、大分一家6人殺傷事件の被害者家族はどんな人物だったのか事件の概要を含め詳しくまとめました。

この記事をかいた人

都市伝説やオカルト・怪奇現象など、不思議なことが大好きです!

大分一家6人殺傷事件とは?15歳の少年が起こした事件

出典:PhotoAC

2000年(平成12年)8月14日午前2時50分、大分県大野郡(現在は臼杵市)野津町都原に住む一家が刃物で殺傷されました。3名が殺害され、3名が重傷を負いました。

犯人は、被害者一家の隣の家に住む15歳の少年でした。大分一家6人殺傷事件は『平成の八つ墓村』とも呼ばれました。

大分一家6人殺傷事件と似た事件が、大分県の隣にある宮崎県でも2018年に起きています。宮崎県で起きた『高千穂一家6人殺人事件』に興味のある方は、こちらもご覧ください。

大分一家6人殺傷事件の概要①犯人の殺意の芽生え

出典:PhotoAC

大分一家6人殺傷事件の犯人である少年の動機は、残忍な凶行とは異なり、なんとも「ぼんやり」とした動機でした。

少年の動機の核となっているものは、「思春期の不安定な心」「一般的とは言い難い家庭環境」「親密な人間関係を構築する農村ならではの地域の特性」だと考えられています。

大分一家6人殺傷事件の起きた都原は24戸の小さな集落であり、住民は家族のように親密でした。悪い噂が1度でも立ってしまうと、生活がしにくくなる集落で、少年は小さな罪の口封じのために一家を殺傷したのです。

被害者宅で頻繁に下着が盗まれるようになった

出典:PhotoAC

ポルノ雑誌や盗難物が、家の前の道路や周辺に置かれていたり、頻繁に下着が盗まれるようになったため、大分一家6人殺傷事件が起きる前の被害者宅では、夜間の戸締りを厳重にするなど防犯を意識していました。

風呂場に細工をしていた犯人を被害者が捕まえる

出典:PhotoAC

被害者宅の夜間の戸締りが厳重になり、少年が下着を盗む際に使用していた風呂場の窓も締められてしまいました。

8月2日の深夜、窓が締まりきらないような細工をしようとしていた少年は、被害者宅の家主に見つかってしまいます。顔を見られてしまった少年は、使用していた脚立を残したまま逃げ去りました。

被害者が犯人の両親に悪行を報告

出典:PhotoAC

大分一家6人殺傷事件の1週間前(8月6日)に、被害者宅の家主は少年の自宅に行き、少年の母親に「あんたんとこの息子が、風呂場をのぞいちょる」と、覗きをやめるように苦情を言いました。

苦情を言われた少年の母親はシラを切り、その場を収めました。少年は両親から注意される結果となりました。大分一家6人殺傷事件の前日(8月13日)にも、家主は少年の母親に苦情を伝えています。

下着泥棒は事実だが、のぞきの『濡れ衣』によって、母親からは「風呂場をのぞいたんやなかろうね」と疑われ、父親からは「一番先に疑われるから気を付けろ」と注意され、腹が立ったと少年は述べています。

挨拶をしても無視をする被害者家族に対して殺意を持つ

出典:PhotoAC

8月6日の抗議以降、被害者家族は少年の挨拶を無視するようになりました。少年も被害者家族に対し邪険な態度を見せるようになり、憎悪に満ちた顔で睨んでいたのを目撃されています。

被害者宅の家主は危機感を募らせ、少年を睨み返す場面もありました。少年は、「被害者家族に『濡れ衣』を着せられた」「被害者家族を全員殺してやろうと考えた」と供述しています。

「のぞきや下着泥棒が知られるのが怖かった」「女の子や近所の住民から白い目で見られると集落にいられなくなる」「父親を怒らせると家にいられなくなる」という恐怖も少年にはありました。

大分一家6人殺傷事件の概要②犯行の経緯

出典:PhotoAC

大分一家6人殺傷事件の被害者宅の隣に犯人である少年の自宅があり、お互いの家は200mほどの距離にありました。

被害者宅は母屋と離れがあり、家の中にある階段で繋がっていました。

母屋には家主である祖父(65歳)と祖母(66歳)が寝ており、離れには母(41歳)と長女(16歳)、長男(13歳)、次男(11歳)が寝ていました。

犯人は自宅倉庫から兄のサバイバルナイフを持ち出す

NEXT 犯人は自宅倉庫から兄のサバイバルナイフを持ち出す