KEN THE 390は元リクルート社員!イケメンラッパーの経歴!

KEN THE 390のラップ歴⑤2011年には自身のレーベルを設立

MichaelGaida / Pixabay

レーベルに所属していた彼ですが、2011年に自主レーベル「DREAM BOY」を立ち上げました。

また2013年には所属しているアーティストで「DREAM BOYS」というグループで活躍もしていました。

KEN THE 390は現在はフリースタイルダンジョンの審査員で活躍!

現在、彼はフリースタイルダンジョンの審査員をしています。フリースタイルダンジョンの企画を立ち上げるときから監修をしていることから長く関わっています。

FREE STYLE MC BATTLEはテレビ的に放送できない言葉が出ることがあるので、番組を続けるためにコンプライアンスを守るのが大変だと本人が語っています。

KEN THE 390の音源を紹介!

cocoparisienne / Pixabay

彼のFREE STYLE MC BATTLEのラップについて紹介していきましたが、ここからは彼の音源を動画付きで紹介していきたいと思います。

KEN THE 390の音源①My Side -Demo Ver-

Youtube限定で公開されている音源です。この曲には選挙に投票に行ってほしいという思いが込めれており、歌詞にもその思いが反映されています。

今の日本の政治に不満を抱いている彼が日本を変えたいと思って若者に訴えかけたのでしょうね。HIP HOPに政治を絡めるのは頭のいい彼らしいですよね。

KEN THE 390の音源②Turn Up

KEN THE 390 ALL TIME BESTの1曲目に収録されている曲です。featuringゲストとしてT-PABLOWとSKY-HIが参加しています。

KEN THE 390の音源③インファイト

アルバムリフレインの12曲目に収録されている曲です。この曲はfeaturingゲストにERONE、FORK(ICE BAHN)、裂固、Mr.Q が参加しています。

彼のラップだけではなく様々なアーティストのラップを聞くことが出来るのでおすすめの1曲です。

KEN THE 390のバトルを紹介!

TheDigitalArtist / Pixabay

彼の音源について紹介してきましたが、ここからは彼が様々な実績を残しているFREE STYLE MC BATTLEについてみていきましょう。

KEN THE 390のバトル①vsCIMA

兵庫県出身のラッパー、CIMAとのMCバトルの動画です。両者とも相手の言葉を上手く韻を踏んでいてとてもかっこいいですよね。

彼もかなりいいラップをしていましたが、ビートがCIMAのラップに合っているという意見が多かったです。

KEN THE 390のバトル②vsKBD

奈良出身のラッパー、KBDとのMCバトルの動画です。このラップはあまり会話が成り立っていないと言われていますね。ですが両者どちらのラップもクールです。

KEN THE 390のバトル③vsじょう

第10回の高校生ラップ選手権で優勝しているじょうとのMCバトルの動画です。彼の早いテンポのラップとじょうのスローテンポのラップバトル。どちらが勝ったのでしょうか?

KEN THE 390のラップに対する想いとラップの書き方とは?

stevepb / Pixabay

リクルートを辞めてラッパーの道を進んだ彼。彼はラップにどのような思いを持っていて、どのような書き方をしているのでしょうか。

NEXT KEN THE 390はラップのブームの終わりを予感?