ふくらはぎの筋トレはいいことだらけ?おすすめの鍛え方を紹介!

ふくらはぎの筋トレで目指す目標のサイズは?

Robert-Owen-Wahl / Pixabay

あまり太くなりすぎることを懸念しておられる方もいるでしょう。そこで、痩せすぎず、理想的に引き締まっているサイズはどのくらいなのかについて述べていきます。

ふくらはぎの理想のサイズを出す方法

Pixaline / Pixabay

女性の場合をクローズアップしてのべますと、ご自身の身長に対して、0.2を掛けたものが目標とする値となります。

例えば、身長が157センチメートルとしたら、157×0.2=31.4となるので、理想的なのは31.4センチメートルとなります。

ijmaki / Pixabay

ただし、個人差はありますので、厳密にこの値ではなければいけないということではありません。是非測ってみて、ふくらはぎの筋トレをする励みにしてみてはいかがでしょうか。

この記事ではふくらはぎの筋トレについて特集しておりますが、筋トレと言えば、鈴木雅さんをご存知の方はおられるでしょうか。

ボディビル選手権で9連覇という偉業を成し遂げた方で、もしご興味のある方はこちらの記事も合わせてご覧ください。

ふくらはぎの細い人・太い人は何が違うの?

ijmaki / Pixabay

なぜ、サイズに違いがでてしまうのでしょうか。この章では、その理由について追及していきます。細く長い足と太く短い脚では、当然前者を望む人が大半だと言えます。

ふくらはぎの細さは足首の重心で変わる

細くするには、足首どのように体重を預けてるかによって違いが生まれていきます。

細くしなやかな脚をしている人は、足の裏側の内方面に重心がかかっています。

Pexels / Pixabay

ということは、ふくらはぎに変な圧を掛けないで、内ももという大きい筋肉を使うことになっているということを裏付けています。

逆に太く短い足になってしまってる人は、お察しのとおり、足の裏側の外方向に重心がかかっています。

外側に重心があると、ふくらはぎ自体も湾曲してしまい、O脚になりやすくなってしまいます。言い換えれば、足が短く見えてしまっているのに他なりません。

aldemetal / Pixabay

足が短いというのは、先天的なものだけでなく、足裏への体重のかけ方ひとつで、大きく違いがでてしまってることもあります。

足裏の内側に重心があるなら、内ももの筋肉を使えるようになり、ふくらはぎに余分な負担をかけずに済みます。

意識として、重心を足裏の内側にもっていき、やや踵に乗る様に心がけます。ある意味、効果としてはちょっとしたふくらはぎの筋トレにも繋がる習慣にもなります。

NEXT ふくらはぎの細さは尻の筋肉の使い方で変わる