合戸孝二は狂気の男?失明理由やトレーニング方法とは?奥さんはいる?

視力よりボディビルをとったことから「狂気の男」と呼ばれるように

calibra / Pixabay

色々な治療法を試しました彼でしたが、しかしどれも長期に及ぶ治療であり、筋肉と失明どちらをあきらめるかという取捨選択に迫られる物だったそうです。そこで彼が選んだのは肉体でした。

視力など些細なもので彼にとってはボディビル以上の価値の物などありはしないのです。その後失明をするも今なお現役で活動するほど、鍛え上げる様子をたたえて「狂気の男」と称賛されるようになります。

合戸孝二のトレーニング内容は?

skeeze / Pixabay

彼のこなす基本としているトレーニング内容についても見ていきましょう。基本的には、決められた日の休み以外は休むことなく、時節関係なく実施することが基本姿勢と取り決めているようです。

また、鍛えたいところを種目別で切り分け、効率よく鍛えていくというのを主眼に置いているようで、より高効率で効果的な筋肥大が設定できるように考案されているようです。。

合戸孝二のトレーニング①目標・方針

12019 / Pixabay

彼の内容はかなりのハードトレーニングになるといわれています。内容はほとんどが筋肥大を目的としており、メニューは当然高重量のものを持ち上げるようなタイプの高負荷を想定した特化型になるそうです。

さらに、一部位に対して4種目から6種目程を与えていき、それを5セットから20セット程繰り返すものとなっています。これがハードといわれるゆえんです。これだけをこなすには一日4時間程度は必要となるそうです。

合戸孝二のトレーニング②4日間トレーニング

Basti93 / Pixabay

各部位に対して高負荷をかけていくタイプのものということはわかりましたが特徴としてはまだあります。その一つが4日間をワンサイクルとして考えるメニューになっていることです。

4日稼働させて1日休息日を取るというようにすることで、効率高く筋肉の休息をとりながら肥大成長させることができる計画になっています。これは正月やお盆を問わず徹底して行うのだそうです。

合戸孝二のトレーニング③曜日別に異なる内容

Amber_Avalona / Pixabay

4日間もただやみくもにメニューをこなせばいいとはなっていません。曜日ごとに異なる部位を異なるメニューで鍛え上げていくものになっているそうです。肩や背中、胸や足と各部位を分割して異なる内容を課すのだそうです。

合戸孝二のトレーニング④胸のトレーニングのこだわり

Pexels / Pixabay

各部位を鍛え上げていくわけですが、中でも胸にはこだわりを持ってメニューをこなしているそうです。それというのも、もともと胸筋を鍛え上げる種目は多くなく、それをいかに組み合わせるかが考えるべきポイントになるそうです。

しかし、彼の場合はそんな少ない種目をメニューの日は10セット以上も行うそうで、相当な量をこなすことになるそうです。ベンチプレスはもちろん、スミスマシンやダンベルフライ、ディップを酷使して行うメニューとなっています。

合戸孝二の食事内容は?オンオフはどう違うの?

Comfreak / Pixabay

今なお現役選手を貫く彼ですが、そこにはもちろん食事に対してのこだわりも徹底しています。オンとオフの違いもあり、食事内容には徹底したものがあります。原料自体は本番3カ月前から始めるそうです。

そして、各食べ物についても細かくこだわりがあり、自然由来のものであったり安い材料は使わない、また食事回数とサプリメントで補うことも徹底しオフ期間でも摂取量計算を怠らず行っているとのことです。

合戸孝二のオフシーズンの食事内容

cattalin / Pixabay

オフ期間から洗い出していくと、まずサプリメント自体の量はオンシーズンと変わらず摂取するそうです。しかし、食べ物に関してはオンシーズンと完全に変えるそうです。好きな物を食べるのだとか。

オフ期間中も減量中の食事を単純に増やすだけのメニューを取る選手もいるようですが、彼の場合は、体にメリハリを付けるためにもオフは好きな物、オンは極度に計算して摂取を行うのだそうです。

NEXT 合戸孝二のオンシーズンの食事内容