バケットホイールエクスカベーターは世界最大の自走式重機!迫力と能力を解説!

バケットホイールエクスカベーターを操縦するには?

herbert2512 / Pixabay

ギネス世界記録にも登録され、男のロマンをくすぐるバケットホイールエクスカベーターですが、日本で操縦するにはどのような資格が必要となるのでしょうか。

「車両系建設機械運転者」免許を取得すれば操縦できる!

Pacholek-cz / Pixabay

日本でバケットホイールエクスカベーターを運転するためには、国家資格である車両系建設機械運転者の認定が必要です。労働安全衛生法に基づき、運転技能講習を修了することが義務づけられています。

バケットホイールエクスカベーターを運転してみよう

200degrees / Pixabay

車両系建設機械運転者は18歳以上であれば取得が可能です。日本ではバケットホイールエクスカベーター以外の建設機械(3トン以上)を扱う際にも必要となるので、気になる方は挑戦してはいかがでしょうか。

バケットホイールエクスカベーターを実際に見たい人はドイツへ行こう!

herbert2512 / Pixabay

ドイツでは「脱原発」を目指しており、石炭や褐炭の採掘のためにバケットホイールエクスカベーターを活用しています。

中でもドイツ企業が製造した「Bagger」シリーズが世界ギネス世界記録を長く保持していることにより、バケットホイールエクスカベーターの認知度が高まっています。

その大きさと迫力を体感したい方は、一度ドイツの採掘場を訪れてみてはいかがでしょうか。

バケットホイールエクスカベーターのトランスフォームが話題に

Meitzke / Pixabay

日本だけでなく海外でも人気の「トランスフォーマー」。ギネス世界記録に認定され、地上最大の重機と呼ばれるバケットホイールエクスカベーターがトランスフォーマーになったらどうなるのでしょうか。

機械が自在に変形する映画「トランスフォーマー」

トランスフォーマー(吹替版)

Amazonで見る

トランスフォーマーとはタカラトミーから発売されている変形ロボット玩具シリーズです。実写化・アニメ化もされており、世界的な商業展開が行われています。

もしもバケットホイールエクスカベーターが変形したら

その巨大な建設機械をトランスフォームしたら一体どうなるのか、CGで再現した映像があります。まるで巨大な恐竜な姿とその迫力に圧倒されてしまいます。

バケットホイールエクスカベーター解体の瞬間も大迫力!

code404 / Pixabay

その大きさから解体に莫大なコストが必要になるバケットホイールエクスカベーターですが、役目を終えた機械が放棄されることもあり、爆破解体の瞬間を収めた映像は貴重かもしれません。

なお、日本では近隣への影響や法律面から爆破解体は行われていません。海外では、大きな建造物を取り壊す際にお金をかけずに短時間で解体できるため、時折用いられているようです。

NEXT バケットホイールエクスカベーターはレゴにも