渓流フィッシングを楽しもう!渓流ルアーおすすめ5選!!

~スプーン~

渓流ルアーではこのスプーンと後述のスピナーを愛用されている方も多いのではないでしょうか?食器のスプーンから柄を取り外した形をしたルアーです。薄い金属の板の両端に穴が開いており、片方にフック、もう片方に糸を結び使用します。ミノーに比べて根掛りしにくく、1個辺りのコストもミノーに比べて低いのも特徴です。また、スプーンには独特な形状をした、ハスルアーと呼ばれる物も存在します。普通のスプーンとは少し違った動きをするので好んで愛用する方もみえるみたいですね。

~スピナー~

針金にブレードとビーズを通し、フックを取り付けたルアーです。前述のスプーンの改良版というポジションです。スプーンもスピナーも、主にただ巻きで使用します。特にこのスピナーは巻くとブレードが回転する姿が、水辺に住む生物が泳いでいるように見え小魚もたくさん付いてきて面白いです。こちらもスプーン同様、ミノーと比べるとローコストで購入することが出来ます。

渓流ルアーの釣り方

~ミノーの釣り方~

ミノーを使用して釣る際は、先程も少し触れましたが「トゥイッチング」という技術があります。具体的には、ロッドを下げチョンチョンと振りながら巻き、ミノーに不規則な動きを与える技術です。最初は少し慣れないかもしれませんが直ぐに誰でも出来るようになります。また、ミノーには「フローティング・ミノー」と「シンキング・ミノー」があることを紹介しましたが、シーズン明けのまだ魚の活性が低く、水中の川虫を獲物にしている時期は「シンキング・ミノー」で沈めてあげると効果的です。夏場の陸生昆虫が増えてきて、水温も上がり魚の活性が上がってきた時期は「フローティング・ミノー」がおすすめになります。フローティング・ミ    ノーの着水の瞬間というのは、陸生昆虫が水面に落ちた時と魚が間違えやすいため、ルアー着水の瞬間にバイトということもよくあるようです。

~スプーンの釣り方~

スプーンを使用する際は、基本的にタダ巻きで使用する人が多いようです。それ以外にもミノーのようにトゥイッチを使用したり、リフトアンドフォールという、ちょっと巻いてルアーを浮かせた所を緩めて沈める技術も使用する事が多いようですね。スプーンはシンプル故に非常に汎用性が高い為、シーズン通して使用できます。中には「渓流ルアーはスプーンとスピナーしか使わない!」という方もみえるみたいですね。

~スピナーの釣り方~

スピナーを使用する際もスプーンと同じくタダ巻きで使用します。ただ、ブレードが回転している為、ミノーやスプーンのようにトゥイッチングするのはあまり向かないようです。スピナーは水生昆虫と勘違いされやすく小魚含めすごく追ってくるので使っていて楽しいみたいです。そんなスピナーですが、使用するのはシーズン始めの水温が低い時期がおすすめのようです。前述の「シンキング・ミノー」と水底の岩を舐めるように泳がせることが出来れば良い結果が期待できそうです。

渓流ルアーのコツ

~ルアー選び~

渓流ルアーの醍醐味とも言えるルアー選び、みなさん「今の時期は水温が低いからよく沈むシンキング・ミノーを使おう」などその日の気候や周りの環境に合わせて使用するルアーを選んでいるようです。ルアーのチョイスが悪いと、釣れる魚も釣れなくなってしまうので同じ場所で釣っている人の意見を聞いたりなどしてみるのも良いかもしれませんね。

~釣りをする時間帯~

渓流ルアーは渓流に行けばいつでも釣れる!という訳ではなく、やはり釣れやすい時間帯というのも存在するようです。一般的には「夜明けから午前10時ごろまで」が釣れやすいと言われる事が多いようです。もちろんの時間帯以外でも夕方などもチャンスになりますし、真昼間にまったく釣れないかと言われるとそうでもないみたいですので、その日その日によってコンディションを見極める必要がありそうです。

~天候~

ある程度まとまった雨が降って水が濁り、雨が止みその濁りがおさまりだしたらそれはチャンスです。魚とは「変化」を好む生き物と言われています。その為、周辺の環境が変わると活性が上がり釣れやすくなるようです。ただ、そのようなタイミングで渓流に行く場合は場所によって非常に危険な場所も有りますので充分注意して頂きたいですね。

~キャスティングする場所~

渓流ルアーで最も重要かつ、難易度が高いのがこのキャスティングする場所ではないでしょうか。渓流魚は普段、強い瀬の流れの中にいたり岩の陰や草木の陰に隠れて獲物を待っています。そのような場所は少しキャスティングがずれると草木にルアーが絡まってしまったり、根掛りしてしまったりとリスクが高いです。しかし、そのような場所に確実にルアーをキャスティング出来るようになれば釣果は間違いなく伸びるでしょう。

渓流ルアーおすすめ5選

NEXT ~DUO(デュオ) スピアヘッド リュウキ~