二口女とは?陰陽師やゲゲゲの鬼太郎に登場する女妖怪について紹介

二口女は本当に存在したのか?

人間の理解を超える怪奇現象や不可思議な存在のことを、昔は妖怪や妖の仕業としてきました。
後頭部に口があるという恐ろしい見た目の二口女は、果たして存在したのでしょうか?

『絵本百物語』の著者・桃山人の創作話の可能性

出典:PhotoAC

下総国の話として、絵本百物語に描かれています。
しかし実際に同地には伝承されておらず、絵本百物語の著者、桃山人(桃花山人)によって創作された話であると言われています。

二口女は昔の人の言い伝えの可能性も

出典:PhotoAC

実在してた人物がいたのかは定かではありません。
しかし道に外れた行いをして妖怪となってしまった後妻や、「食わず女房」の男のように、欲深く他人にケチであると恐ろしい妖怪が嫁いできたりと、自分の行いは返ってくるという戒めが込められているのでしょう。

二口女は危険な妖怪なのか?

ここまでで二口女とは、後頭部にある大きな口から、食べ物を摂取することがわかりました。
果たして害のある妖怪なのでしょうか?

『絵本百物語』の二口女は人道を解いている?

出典:PhotoAC

人を食べるわけでもなく、人に危害は加えないとされるので危険性が少ない妖怪と言えます。
しかし人の食事を盗み食いするため迷惑な妖怪とは言えそうです。

『食わず女房』の二口女は危険である可能性も

出典:PhotoAC

しかし、食わず女房で出てくる二口女は、山姥や蜘蛛が化けた妖怪とされ、自分の住処に夫を連れ去っています。
この場合においては、危険な妖怪だったと言わざるを得ないでしょう。

二口女の人形が怪しい少年少女博物館に存在している?

epicantus / Pixabay

見た目が恐ろしい二口女の人形が、日本のある場所に存在しており、飾られているそうです。
それはいったいどこなのでしょうか?

静岡県にあるレトロテーマパーク・怪しい少年少女博物館

それは、静岡県にある「怪しい少年少女博物館」です。
ここには明治~昭和までの日本人のファッションやレトロなおもちゃ、怪奇な妖怪の像などが飾ってあります。

NEXT 怪しい少年少女博物館にあるお化け屋敷に二口女の人形が