【山梨】オートキャンプ長又ってどんなキャンプ場?施設紹介&楽しい過ごし方を紹介

最近は手軽なグランピングが人気ですが、オートキャンプを楽しむ人もたくさんいます。オートキャンプ場も全国各地にありますが、この記事では山梨県にある「オートキャンプ長又」の魅力をご紹介させていただきたいと思います。

この記事をかいた人

オートキャンプとは

「オートキャンプ」は自動車やバイクでキャンプ場に直接乗り入れし、車の側でテントなどを設営し、楽しむキャンプスタイルを指します。キャンプ場だと駐車場に車を停めて、荷物を運ぶ手間が必要ですが、車のままキャンプ用品を積んでサイトまで行けるので、そのままキャンプ場で楽しむできとてもお手軽です。

ソロキャンプやタープ泊をする人も

最近はひとりキャンプや女子だけでキャンプを楽しむ方も増えてきて、テントを使用せずタープだけ張って車中泊される方も増えているようです。これもオートキャンプならではの楽しみ方ですね。

オートキャンプ長又って?

オートキャンプ長又とは、山梨県南群都留道志村長又にあるオートキャンプ場です。海抜850mと標高の高い場所に位置するため、夏でも比較的涼しく快適に過ごすことができます。また、キャンプ場内には川が流れており、水遊びを楽しむこともできます。さらに、洗濯機があったり女性に嬉しいお風呂があったりと、滞在中も快適に過ごすことができるオートキャンプ場です。

オートキャンプ長又へのアクセス

山梨県南都留郡道志村長又12697-2

中央自動車道都留ICから25km/40分 中央自動車道河口湖ICから山中湖経由30km/45分 央自動車道相模湖ICから35km/60分 東名高速御殿場ICから30km/45分

オートキャンプ長又へは何を持って行けばいい?

キャンプ場によってそれぞれレンタルできるもの、購入できるものが異なります。できるだけ持っていく荷物を減らしたいキャンプにおいては、事前に最低限準備しておく道具を確認しておくことが重要です。それでは早速みていきましょう。

準備する物

テント(レンタルあり)テーブルやイス、夏場だとタープ(日避け)、食材(炊事場もありますが、前もって切っておくと便利です)ランタン(自然の中なので夜間は暗いです)バーベキューグリル(直火は禁止されています。

グリルが無い場合U字溝を利用することもできます)着火剤、炭(キャンプ場で販売もあり)調理器具(鍋やフライパン、網)食器類、夏場は汗をかくこともあるので着替えオートキャンプ長又でレンタル・販売されている物もありますが、料金的に高くなるので、準備していきましょう。

オートキャンプ長又の魅力と注意ポイント

オートキャンプ長又には魅力がたくさんあります!ここでは、オートキャンプ長又の魅力、そして注意しなければならないポイントをご紹介します。

魅力①ペットも一緒に楽しめる

NEXT 魅力①ペットも一緒に楽しめる