SLOTH(スロース)は噂のビッチで有名なラッパー!

「Audience FavartitePeize」「Best Teen Peize」を同時受賞

qimono / Pixabay

単身渡米の際に、ワシントン州で開催されたコンペティションで、アジアから唯一の大抜擢で出場します。

なんと、そのときに最高の栄誉である「AudienceFavoritePrize」「Best Teen Prize」を同時受賞という快挙を成し遂げたのです。

ライブで磨き上げたスキルは海外でも高く評価されました。

「DAYBREAK」がレンタルランキングHIPHOPチャートで4週連続1位

Bru-nO / Pixabay

珍しい企画でTSUTAYAレンタル限定ミニアルバムの「DAYBREAK」をリリースしました。

瞬く間にレンタル数は伸び、TSUTAYAのレンタルランキングHIPHOP チャートの部で4 週連続で1位を獲得すると言う記録を樹立しました。

ラッパーとして輝かしい経歴を持つSLOTHの人気は止まることを知りません。

SLOTHはファーストアルバム「Uncensored」をリリース

stevepb / Pixabay

SLOTHの経歴で忘れてはいけないのが噂のビッチのリリースでしょう。

ファーストアルバム「Uncensored」の中には、代表曲である噂のビッチや噂のカンチ男 Feat. 立花亜野芽なども収録されました。

また、SLOTHの関連動画を含めYoutubeでは再生回数が3,000万回を越えて大ヒットしました。

2018年には「噂のSLOTH死にたいワンマンライブ」を開催

ktphotography / Pixabay

「噂のSLOTH死にたいワンマンライブ」と称したイベントを六本木Morph-Tokyoで開催しました。自身の誕生日である2月24日に開催され、抽選で選ばれたファンだけで誕生日会も開きました。

経歴をみる限り、悪事を犯した経歴などはなくチャラいイメージとは裏腹に硬派な経歴を兼ね備えたラッパーであることがわかります。

SLOTHの代表曲・話題曲といえば?

geralt / Pixabay

何かとすぐにバズるラッパーのSLOTHですが、やはりそこには数々の楽曲の影響があります。

SLOTH特有の若者達のリアルを代弁した印象的な言葉のセレクトが人気の理由ともいえます。その中でも注目される曲を紹介します。

SLOTHの代表曲①SNSで大人気「噂のBITCH」

やはり、一番目に上がるのはSNSでバズって人気を集めたSLOTHの代表曲「噂のビッチ」でしょう。公開したMVは若者たちの中で反響を呼び、動画の真似をする人が続出した。

際どいワードが連発のこちらの一曲ですが、若者達のストレートな気持ちを隠さずに歌っているのも、人気の秘訣なのでしょう。ライブでも定番の一曲です。

SLOTHの代表曲②爽やかな青春ソング「チャリで来た」

現実・友情・恋愛の3つのストーリーを描いた3ヶ月連続配信シングルの第二弾の曲で、噂のビッチとは正反対に爽やかな青春をリリックに認めた「チャリで来た」も人気の一曲です。

コンプラギリギリの噂のビッチでは見せることのないリリックで、少年時代を懐かしく思い返すのことができる名曲です。

SLOTHの代表曲③現代の恋愛模様「タイムライン」

こちらも、3つのストーリーを描いた3ヶ月連続配信シングルの第三弾です。文字通り、「タイムライン」は恋愛を題材にした曲で淡い恋心が描かれたリリックが世の女性の心を掴みました。

スマホやチャットなどを利用する現代の恋愛を投影した一曲で、SNSでのあるあるや、そこにある恋愛模様をリアルに表現しています。

SLOTHと他のアーティストのコラボ内容を紹介!

SCY / Pixabay

SLOTHの人気の理由には、数々の大物アーティストや重要人物とのコラボがあります。どんな曲でも対応してしまうSLOTHのラッパーとしてのスキルも必見です。

Hilcrhyme(ヒルクライム)のTOCとコラボ

有名アーティストと言えば、Hilcrhyme(ヒルクライム)のTOCとのコラボが代表的です。

「Dream In The Sky Feat. TOC」と言う曲で、チャラいイメージとは裏腹に熱いバイブスのこもったリリックで間違いない一曲に仕上がっています。

NEXT モデルやDJとして活躍している立花亜野芽とコラボ