【新潟女児殺害】大桃珠生さん殺害事件の概要とご家族の抱える思いに迫る

新潟県新潟市で起きてはいけない事件で、悲しい被害者大桃珠生さん。2018年5月7日、当時7歳だった大桃珠生さんは、残酷な【新潟小2女児殺害】の被害者になりました。この記事では、改めてこの事件の詳細についてまとめるとともに、現在の祖父や両親の声をまとめました。

この記事をかいた人

趣味と実益を兼ねて数秘カラーセラピー歴3年。看護師経験も有り。自分自身のリフレッシュのため、自然を求めて出かけます。

【新潟小2女児殺害】大桃珠生さん殺害事件概要

succo / Pixabay

学校帰りに自宅まであと少しの場所で連れ去られ、わいせつ行為のうえ殺害、遺棄されるという痛ましい事件でした。遺体発見から約1週間後に被害者宅のすぐ近くに住む若い男が逮捕されました。当初は事故死と思われましたが解剖の結果、殺害され遺棄されたと分かりました。

小2女児が殺害後線路に遺棄された事件

被害にあった少女はまだ小学2年生でした。自宅から300メートルの場所で1人で歩いている姿を目撃した人もいて、本当にあともう少しで家に着く筈でした。行方不明の当日、線路に横たわる少女を運転士が発見、ブレーキをかけましたが間に合わず轢かれてしまいました。しかし、列車に轢かれて亡くなったのではなく殺されて線路上に捨てられたのです。

過疎化による街の変化に怯える住民と謎の不審者情報

ここ数年、自宅の周辺で若い人を見かけない、空き家が増えて老人ばかりが目立つと感じている人もいらっしゃるのではないでしょうか。事件が起きた町はまさにそういう事情を抱えた町でした。以前は賑やかだった新興住宅地が寂しい街へと変わってしまったのです。

高齢者の抱える不安

MabelAmber / Pixabay

事件が起きた町は最初から過疎だったわけではありません。1964年の新潟地震で液状化を免れ、家を失った人たちが続々と越してきて賑やかな住宅街になった歴史がありました。しかしキチンと区画整理されたわけではなく無計画に宅地造成されたため、袋小路や入り組んだ分かりにくい道が多いそうです。

かつては大型スーパーが3〜4軒あった町も次第に高齢化し年金通りと言われるようになってしまいました。空き家も増え人通りの少ない静か過ぎる町になってしまったのです。少女の行方が分からなくなった場所も、一見見通しが良さそうだけれど道沿いに一軒の店も無く人通りが少ない、通り抜けも出来ないため車も入って来ない寂しい場所なのだそうです。

高齢男性の見守り隊も自然消滅

mohamed_hassan / Pixabay

集団登下校も出来ないほど子供が少ないため、一時期は仕事をリタイアした高齢の男性たちが踏切で旗振りボランティアをしていたそうです。その方たちも病気になったり亡くなったりで踏切に立つ姿を見なくなったという事です。

腕を掴まれた児童がいた

出典:PhotoAC

少女が通っていた学区内で、事件の前の年の9月に見知らぬ男に腕を掴まれた少女がいました。県警も把握していたそうですから、ある程度の警戒はされていた筈です。しかし事件は起きてしまいました。

大桃珠生さん殺害事件【2018年5月7日】

出典:PhotoAC

この日の朝、少女はいつものように自宅を出て学校へと向かいました。家族にとっては生きている少女の最後の姿になってしまいました。いつもと同じように「いってらっしゃい」と送り出したのに、この後、思いもしない事態に巻き込まれてしまいました。

サングラスの男に追いかけられる

NEXT サングラスの男に追いかけられる