いろいろ釣れちゃうテンヤ釣り入門!仕掛けからタックルまでをご紹介

テンヤ釣りという釣法をご存知ですか?テンヤ釣りは必要な道具がとてもシンプルで初心者や女性、お子様でも楽しめる手軽な釣りのスタイルとして近年人気を集めている釣法です。釣りそのものが初めての人でもテンヤ釣りが楽しめるように、ポイントをご紹介していきますね。

この記事をかいた人

テンヤ釣りとは

昔から伝わるシンプルな釣り方

テンヤ釣りとは、中おもりを使用せずにリードに直接テンヤという円錐台形のおもりをつけるシンプルなスタイルの釣りです。もともとは千葉の外房に江戸時代から伝わる釣法で主にマダイを釣るために行われていたとされています。近年はテンヤの中でも「一つテンヤ」というテンヤを一つだけ使う釣法が、手軽に釣りができる釣法として人気が高まっています。

ゲーム感覚で楽しめる

一つテンヤはえび餌という餌を使いはしますが、ルアー釣りとの共通点が多くあり、ゲーム性が高いのも魅力の一つです。テンヤが3~8号と軽いおもりを使用し、針とおもりの距離が短いことから操作性が高いことが特徴です。そのため餌をダイレクトに動かすことがでるので、シンプルながらも小技を利かせて楽しむことができます。

五目釣りも楽しめるテンヤ釣り

五目釣りとは狙う魚を絞らず、いろいろな魚を釣ることを楽しむ釣りの一つです。プロや上級者の人は狙う魚を決めて、その魚に合わせて仕掛けや餌を用意して楽しみますが、初心者にはレベルが高く、釣りそのものの敷居が高くなってしまいます。しかし一つテンヤはタックル(釣りに使う道具)も少なく仕掛けも簡単で、それでいて餌を使うことから、いろいろな魚を釣ることができるので、慣れていない人でも簡単に釣りを楽しむことができるのです。

テンヤ釣りで釣れる魚は?

マダイ

一つテンヤのターゲットとして代表的なのがマダイです。「エビで鯛を釣る」という言葉がありますが、まさにその通りで、エビ餌で2キロから10キロ近い大型のマダイを釣ることもできます。季節を問わず通年狙うことが可能です。

根魚

アカハタ、カサゴ、メバル、ソイなどの根魚などもよく釣れます。根魚とは海の底の方を住処にし、海藻や岩礁の間に多く生息している魚たちで、近くに来る餌には積極的に食いついてきます。一つテンヤでは餌を使用するので、初心者でも釣りやすい魚となっています。

青魚

ワラダ、シイラなどの青魚はマダイとポイントが重なっているため、時々釣れることがあります。しかし力が強いので、狙って釣る場合はラインを強い物に変えるなどの対応が必要です。一つテンヤで青魚をメインに狙うことはありませんが、時々かかることがあります。

 

テンヤ釣りのタックル①竿

NEXT