楠田枝里子の現在!テレビから姿を消した理由は?チョコ愛が変態すぎる?

楠田枝里子の若い頃ってどんな感じ?おかっぱ頭がトレードマーク?

身長が175cmもある楠田枝里子さんは、モデルのような体型でとても華がありとても目立ちます。男性だけでなく女性からもかなり人気がありました。

そのような彼女の若い頃の姿にフォーカスしてみましょう。

楠田枝里子の若い頃

若い頃は、シンメトリーで鋭角的なラインのおかっぱが特徴です。豊かな髪の毛が逆に楠田枝里子さんの小顔を引き立てています。

この容姿で頭脳明晰となると、完璧な女性と思われますが、アナウンス部にいた頃は失敗が多く始末書をよく書いていたとのことです。そのギャップもチャーミングです。

トレードマークは実はヅラ?

トレードマークのヘアースタイルは、実はウィッグだと言われています。地毛はベリーショートでその上からウィッグをしていたようです。

最近こそ気分転換やファッションに合わせてウィッグを使う人が増えていますが、答辞は珍しいです。彼女の核心的なファッションセンスがうかがえます。

楠田枝里子のチョコ愛が炸裂!!マツコもタジタジ!!

楠田枝里子さんは無類のチョコレート好きとしての一面も持っています。しかし、チョコレートがただ美味しいから好きというだけでなく、その効能にも注目しています。

その博識ぶりは「マツコの知らない世界」で披露されました。その模様をまとめます。

楠田枝里子が「マツコの知らない世界」に登場

楠田枝里子さんほ、マツコの知らない世界に2016年と2017年に登場しています。その時にチョコレートの効能とおすすめのチョコレートのブランドや職人について話をしていました。

その勢いのある話し方は進行のマツコさんを圧倒し、視聴者からは「今日はマツコさんがゲスト」と言わしめたほどです。また、チョコレートの美味しさだけでなく、アカデミックな観点からもチョコレートを楠田枝里子さんは語りました。

彼女は毎年開催されるチョコレート・カカオ国際栄養シンポジウムにもよく出席し、見聞を広めています。その彼女が注目するチョコレートの効能も番組内では紹介されました。

カカオポリフェノール

血管の拡張作用があるため、高血圧を防ぐ効果とリラックス効果が期待できます。また高い抗酸化力があるため、ガンや動脈硬・化肌の老化・アレルギーを防ぐのではないかと考えられます。

ポリフェノールは、ワインやりんご、コーヒーにも含まれますがカカオポリフェノールの含有量は100g中840mgと大変高い濃度です。

これに対してりんご、コーヒー、ワインの含有量は100g中それぞれ220mg、89.5mg、180mgです。さらに、最近ではカカオポリフェノールの脳の活性化効果にも注目が集まっています。

カカオプロテイン

チョコレートのカカオに含まれるプロテインは難消化性の性質を持ちます。この性質があるため、カカオプロテインは便のかさを増し、便通を良くします。

またカカオプロテインは腸内フローラの餌となるため腸内環境を整える効果があります。

テオブロミン

テオブロミンはチョコレートのカカオに含まれる成分です。テオブロミンは、血管を拡張し、血流量を上げて体温を上昇させる働きかあります。

また脳内で幸せホルモンと呼ばれるセロトニンを刺激するため食欲と脂肪の蓄積を抑え、リラックスさせる作用もあると考えられています。

このような働きがあるため、テオブロミンは新たなダイエット成分として注目を集めました。

カフェイン

眠気覚ましとして知られているカフェインですが、チョコレートのカカオの中では、テオブロミンの作用を増強させていると考えられています。

特にカフェインはテオブロミンの肥満抑制効果を増強すると言われています。

楠田枝里子のチョコ愛が炸裂!!

楠田枝里子さんは、チョコレートの効能だけでなく当然、美味しいチョコレートやトップレベルのチョコレート職人についても詳しいです。

彼女が番組で取り上げたチョコレートや職人について見ていきましょう。

ジャン=ポール・エヴァン

楠田枝里子さんと長く親交のあるエヴァンさんはフランス出身のショコラティエです。今までパティスリー・ショコラティエとして8つ以上のタイトルを取得した最高峰の職人です。

彼のブティックては、ショコラだけではなく、焼き菓子、マカロン、ガトー名とも作られます。東京や京都、広島、福岡の店舗だけではなく、オンラインショップでも彼のショコラは入手可能です。

ピエール・マルコリーニ

ベルギー出身のパティスリー・ショコラティエです。ベルギーだけではなく、世界各国にお店を展開しています。

ショコラだけでなく焼き菓子、アイスクリームなども手掛け、味だけでなく繊細な模様や色でも楽しめるお菓子がたくさんあります。

オンラインショップもあるため、彼のショコラを目にしたことのある人は多いのではないでしょうか。

パトリック・ロジェ

パリに拠点を置くショコラティエです。残念ながら国内での販売はなく、フランスだけでしか彼のチョコレートは手に入りません。

毎年ヨーロッパに旅行へ行く楠田枝里子さんが、彼のチョコレートを買いだめするようです。最近ではチョコレートに合わせるワインの製造にも力を入れています。

アラン・デュカス

フランス出身のシェフです。世界各国でレストランを経営し、史上最年少で違う国において3つ星をミシュランから獲得しています。

彼の偉業は「宮廷のレストラン」という映画になるほどです。楠田さんとの親交も深く、クリスマスにはケーキをプレゼントされています。

NEXT 楠田枝里子がついにチョコレート本も出しちゃった!!