ヤコブの井戸は美しく事故も多い危険な水中洞窟!内部構造と最後の看板も

ヤコブの井戸は深くなるにつれ水流が増している

Free-Photos / Pixabay

なぜそこまで看板まで設置してその危険性をさらさないといけないのか、その一つ目の理由として水流が関係します。看板には書かれていませんが、ヤコブの井戸の中ではひどい水流が撒き起きているのです。

無数に広がる横穴のおかげで生み出されるこの水流は、深度を増すごとに大きくなり、ある部分では水面にはい戻ることが不可能なレベルに達するところもあるそうです。

ヤコブの井戸の深部は0度近くまで水温が下がっている

あまりにも危険な理由はその他にもあります。その一つが湖内にあふれかえっている水の温度です。通常の水面温度はやや暖かい温度で、温泉化の如く暖かく感じるそうです。

しかし、ひとたび内部に身を沈めていくと、深度が増すごとに徐々に水温が下がっていくそうなのです。そして最深部に至れば、なんと0度近くまで温度は下がってしまうのだとか。

Pok_Rie / Pixabay

上記でもふれたように、戻ることすらもかなわない水流に巻き込まれ水温0度になるようなポイントに引きずり込まれれば、人の体では決して耐えることができないという訳です。

ヤコブの井戸から生還したダイバーの恐怖の証言

12019 / Pixabay

恐れおののくような危険性を携えた危険極まりない難所ですが、実体験して生還したダイバーの方などももちろんいます。そしてその人の声では、恐ろしい現象を聴くことができます。

以前その穴に沈み一命をとりとめたその方によると、まるで誰かに引っ張られているような強い力を感じたともいうのです。看板には確かに詳しくまでは理由は言及されていません。

joakant / Pixabay

しかし、ここまで看板で記さずとも佇む看板と周囲のほの暗い空気とメッセージ性のある文章を見れば、ヤコブの井戸の真骨頂ともいえる真の恐ろしさを肌で感じることができるでしょう。

ヤコブの井戸と名づけられたのはなぜ?

Nordseher / Pixabay

真に恐ろしきは穴の作りとそれによる人を決して逃がさない巧妙な罠のような環境だということが分かりましたが、しかしなぜこのような仰々しい名を冠することになっていたのでしょうか。

ヤコブの井戸は新約聖書に出てくる井戸

Mysticsartdesign / Pixabay

物々しい名前であるヤコブの井戸ですが、もともとは新約聖書の中でも登場する有名な井戸となります。新約聖書内ではヨルダン川西岸地区に位置するものとして書かれています。

ヤコブは「かかとを掴むもの」という意味から来ている?

geralt / Pixabay

旧約聖書でもヤコブの井戸はまた違った方面から登場します。その登場はヤコブがかかとを掴むものの意味を持つところから現れます。べブラ以後ではこの言葉を意味するそうなのです。

故に、湖内深部に訪れた人は死を余儀なくされることから、その理由は水温とそれによる体が身動き取れなくなることから来ており、実体験をしたダイバーたちの話でも浮上しています。

Free-Photos / Pixabay

それらと密接に関連付けられたことで、このヤコブの文字が使われるようになり、ヤコブの井戸という物々しい名前を関することになったともいわれています。

聖書に登場するヤコブの井戸はパレスチナにある

Free-Photos / Pixabay

聖書内ではパレスチナに位置する物ともいわれています。パレスチナに位置するとある教会に、このヤコブの井戸が座していると考えられているのです。

元々は神をあがめる神々しい神殿があり、その中央階段を下っていくとヤコブの井戸が顔を表すと新約聖書では綴られているそうです。その後改めてヤコブの井戸が位置する場に教会が立てられます。

Tama66 / Pixabay

これはローマ皇帝が保護したために、教会建設へと至ったといわれています。内部には非常に澄んだ空気が広がっており、神聖な空間となっているといわれています。

NEXT ヤコブの井戸だけじゃない!世界の危険なダイビングスポット5選