致すの意味とは?謙譲語や丁寧語としての使い方や例文に下ネタの意味も

致すの使い方と例文③下ネタとしての使い方

PhotoMIX-Company / Pixabay

皆さんおそらく一番気になるであろう、ネットスラングでの下ネタに使う際にも同様の使い方をするのです。ネットスラングとしてネット上で使用されているのがTwitter等のSNSを始めとして確認されています。

致すの下ネタ①2008年頃から出現

Free-Photos / Pixabay

ネットスラングに何時頃から使用されているかを調べてみると、2019年現在から11年前になる2008年にTwitterでネットスラングの下ネタに使われているのが確認され、この辺りから出現したのでしょう。

加えてこれらは前述した通り、Twitter等のSNSでネットスラングが始まりの様です。Twitterは自ら独り言のように近況を呟く訳ですから、自ら致した事を自己申告する形で広まった事になる訳ですね。

致すの下ネタ②下ネタとしての例文

PhotoMIX-Company / Pixabay

大抵はアニメ等に詳しい所謂オタク層の間で使用されるTwitter等でのネットスラングで、現実の女性の前で下ネタとして使うような機会、場面はあまり考えられないですし、あったとしても引かれるだけでしょう。

ネットスラングに関してですが、例えば「~(好きなキャラ名)で興奮したので致した」とか「何時も通りの時間に致したので寝ます乙」等一見すると下ネタには見え難い様な使用法がTwitterでもメインの様です。

致すの下ネタ③類語はシコった・抜いた

kerryank / Pixabay

下ネタに使用される事は前述の説明と例文でご理解いただけた所でしょうが、含む意味に関しては主に男性が自慰行為をした事を示します。女性が使えないわけではありませんが、大多数は男性のそれになります。

関連して同様の意味を持つ類語に関してですが、例えば自慰行為の際の擬音語「シコシコ」を動詞に表した「シコった」とか、同様に自慰行為のそれである「抜いた」等もTwitterで見られます。

同じようなネットスラングで「おせっせ」に関する記事はこちら

致すの類義語は?

Engin_Akyurt / Pixabay

前述のTwitter等のネットスラング上の下ネタの見出しの中では類義する単語も幾つか紹介しましたが、その前の言ってしまえば正しい方の動詞等の似通った類義語にはどんな単語が入っているでしょう。

致すの類義語①行う

StockSnap / Pixabay

例えば、簡単に「行う」があります。致す自体が「~を達成する」とか「~に行き届かせる」等の少々仰々しい意味を含んでいるにせよ、その根底にあるのは「~をする」という動詞になる訳です。

その為、何か行動を起こす意味であれば「行う」と言い変えても指して問題はありませんので「行う」が致すの類義下単語に数えられるのは何ら不思議ではないのです。

致すの類義語②為す

sasint / Pixabay

続いて「為す」もあります。こちらは何かを作り上げるとか、「~の行為を行う」等やはり自分が何かしらの行動を行う意味を持つ単語ですので、致すと言い変える事も可能なわけです。

こちらの方は「する」と比較してやや堅い物言いになりますので、あまり普通の会話の中で使う事は無いかと推測されます。「事を為す」等が例文になりますがやはりそうそう聞く言い回しではないでしょう。

致すの類義語③~させていただく

neshom / Pixabay

最後に、何かを自分が行う場合「~させて頂く」等使う時もあるでしょうが、これも致すの類義の単語に数えられます。こちらは、他者に対しての同意を得てから特定の行為を行わせてもらう等の意味を持ちますね。

前述の「する」とか「為す」はどちらかと言えば同士の使用法の似通った言葉になりますが、こちらのケースだと自らを遜らせる使い方になりますので、謙譲の方の似通った言葉になる訳です。

NEXT 致すと間違いやすい言葉は?