荒川バス釣り攻略!ポイントの選び方や情報まとめ

水の流れがあるところ

水の流れがあるところには、バスのエサとなる対象のベイトフィッシュ(エサ)がより多く存在します。そのため、そのベイトフィッシュを狙ったバスが集まりやすいのが特徴です。主に、川に対して外部から水が流れ込むポイントは水の流れが発生している場所です。消波ブロックと呼ばれるコンクリート製のブロック付近も、水の流れの発生場所の1つです。水の流れや水の動きに注目することも荒川バス釣りのポイント選びのコツです。

荒川で多く釣れる魚、バスの特徴

バスは主に動物食という特徴があり、魚や水生昆虫などさまざまなものを食べています。バスがもつ特徴の好奇心を示す時は、口元を使い興味の対象物をくわえてみたりする行動があります。バスは魚の中でも比較的大きいことから、釣りをする人に釣り応えがあると人気の魚です。また、荒川バス釣りで釣ったバスを食する場合は、生食は避け加熱処理を行うことをおすすめします。

なかなか釣れない?荒川バス釣りのコツ

荒川バス釣りをするときに利用したいおすすめのコツを紹介します。コツを知って意識しながら荒川バス釣りを行うことで、より荒川バス釣りを楽しんで頂けたら幸いです。ぜひ荒川バス釣りのコツを、お役立てください。

釣りやすい時期

年間を通してバス釣りを楽しめる荒川ですが、特にバスを釣りやすい時期があります。それは夏季の終わりから秋季の期間です。「食欲の秋」という表現がありますが、秋季はバスにとっても食欲の秋でありバスは活発にエサを狙います。そのため、この期間に荒川バス釣りを行うことも1つのコツです。また朝方は「朝マズメ」と呼ばれるバスが活発になる時間帯です。時間帯にも注目してみるとなお荒川バス釣りが上手くいくコツです。

バス釣り用ルアー

バス釣り用のルアーにはさまざまな種類があり、ルアーの特徴を利用するのもコツです。フロッグはカエルに似た形状をしています。ノイジーは騒音を発生させ、バスの好奇心旺盛な点や縄張り意識が強い点にも効果的に働く特徴があります。これから釣りを始める初心者の方も、ルアーの特徴を知りこだわって選ぶことでより釣りの楽しさを体感できるかもしれません。お気に入りのルアーで荒川バス釣りに挑戦してみてはいかがでしょうか。

釣竿を投げる位置

荒川バス釣りをいざ始めるときに意識するとよいことが、荒川に向かって釣竿を投げる位置です。ポイントの選び方で紹介したように、バスは足元に位置する荒川の隠れた場所や障害物の周りにいることが多いです。そのため、すぐに荒川の足元に向かい釣竿を投げるとバスが逃げてしまうことがあります。はじめは、荒川から少し離れた場所から釣竿を投げることが荒川バス釣りのコツです。

釣竿の動かし方

釣竿を投げてからしばらく何のアクションもない時は、釣竿を大きく動かさないことがコツです。その時は、バスが活発でないことが考えられます。活発でないバスに対しては、釣竿を大きく動かすよりも、ゆっくり丁寧に水中で移動させるよう意識した方がバスが食いつきやすいです。釣竿の動かし方も意識することで、より集中して荒川バス釣りを行えるかもしれません。

荒川バス釣りをする時に利用できる周辺駐車場

荒川周辺には多くのコインパーキングがあります。荒川バス釣りを行う時におすすめのコインパーキングを紹介します。(2018年9月15日時点) ※なお情報に変更がある場合も予測されるため、ご利用の際はご確認をお願いします。

NEXT NPC24H大宮駅東口パーキング